Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンでハッセルバックポテトを作る

ダッチオーブンでハッセルバックポテトを作る


ジャガイモに薄く切れ込みを入れてオリーブオイル、バター、スパイスなどをかけてオーブンで焼き上げる。スウェーデン発祥の料理との事。ハッセルバッケンというユールゴーデン島にあるホテルのレストランで出されたのが最初なのでハッセルバックポテトというようになったそうです。見た目からアコーディオンポテトという呼び名もあるそうです。インパクトのある見た目がとてもおしゃれです。ここで使ったジャガイモはメークインとレットムーンという品種です。

ダッチオーブンでハッセルバックポテト

材料 1~2人前

ジャガイモ  2個
ガーリックバター 適量

使用した道具
12インチダッチオーブン
焚火台(ロゴス)

下火 後半弱火
上火 無し

【関連リンク】
ダッチオーブンのレシピ
ジャガイモのレシピ



ダッチオーブンでハッセルバックポテト

産直で購入してきたジャガイモ。レットムーンとメークインという品種です。なるべく大きなものを使った方が見栄えも良くと食べごたえもあります。画像はまだ洗う前の状態です。
ジャガイモに包丁を入れます。スライスしますが、全部切り離すのではなく、下の方は繋げたままにしておきます。ジャガイモを置いて両脇に写真の様に割りばしを置いてから切れば、間違えて全部切ってしまうのを防げます。
赤い方がレットムーンという品種のジャガイモです。
切れ目の中を水道水で洗いました。こうすることで、切り口のでんぷんがくっついてしまうのを防いで、焼き上げた時に切れ目がきれいに開くようになるとの事。
切れ目にガーリックバターを挟み込みます。使ったガーリックバターは市販のものです。少し手間がかかりますが全部の切れ目に挟み込みます(塗りこみます)その上からクレイジーソルトを振りかけて準備完了です。
炭火の準備です。焚火台(我が家ではロゴスの焚火台を使用)で火をおこします。ダッチオーブンの上火に使う分を焚火台とは別に七輪に取り置きしておきます。
焚火台の炭火にダッチオーブンをセットしてプレヒート(温めて)しておきます。ダッチオーブンの中に見えるのは焼き網を乗せるために入れたゴトクです。
下準備しておいたジャガイモをセットします。
ダッチオーブンに蓋をしてその上にも炭火を乗せて上と下から加熱します。このまま30分加熱(放置)しました。ダッチオーブンの良い所は材料をオーブンに放り込んで火にかけたら出来上がるまでは放置しておけることと何かで読んだことがありますが、本当その通りでした。
30分後ダッチオーブンの蓋を取って完成です。

完成

下準備でクレイジーソルトを多めに使ったつもりでしたが、ローストしている間に流れ落ちてしまったようで、薄味になっていましたので食べる時もう一度クレイジーソルトを振りました。美味しかったです。

Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンでハッセルバックポテトを作る




新しく追加したレシピ