Home > ダッチオーブンの料理・レシピ

ダッチオーブンの料理・レシピ

ロースト料理 牛肉レシピ
ローストビーフローストビーフ
ダッチオーブンを手に入れたら最初に作りたくなる定番のロースト料理。以外に簡単です。
牛もも肉の塩釜焼き牛もも肉の塩釜焼き
キャンプにぴったり。。塩で包んで作るローストビーフですローストするだけの簡単調理です。
牛タンの塩釜焼き牛タンの塩釜焼き
牛タンも塩釜焼きにします。炭火をつかって上下から加熱するのはダッチオーブンならでは。
ミートローフミートローフ
アウトドアのパーティーに最適。ハンバーグの作り方ににひと手間加えてローストします。
ハンバーグハンバーグ
焼くのもOK。ソースを作るのもOK。一つのダッチオーブンで焼く・煮詰めるをこなせます
ロースト料理 豚肉レシピ
ロースト料理 鶏肉レシピ
ロースト料理 その他
無水料理
煮込み料理
スープ料理
お米の料理
パンの料理
揚げ物・蒸し料理
燻製
その他

ダッチオーブンとは

ダッチオーブンとは肉厚の金属製の鍋で蓋が付いているもので、その蓋に炭火を乗せられるようになっているものも多く、鍋の下と上から加熱できるように作られたものを指します。
アメリカの開拓時代にはすでに現在の形になっていたそうで、オランダからもたらされた物だと言う事です。ダッチとは"オランダの~"という意味がある英語なんだそうです。

言葉の意味はともかく、アウトドア料理には欠かせない道具で、この鍋一つで煮る、焼く、蒸す、揚げるなどの料理をすることができます。

鋳鉄(鋳物)の物が一般的ですが、ステンレス製の物や鉄板を圧延して作られた物もあります。

何れのタイプも厚みがある為、重量もかなりのものになりますが、この重量のおかげでしっかりと鍋に蓋ができます。このことで内部を密閉することができ、圧力を高めることにつながりますので、圧力鍋に似た機能も持っています。

また、独特な形状の蓋はひっくり返してフライパンとして使用することもできます。肉を焼いたり、野菜などの炒め物にも使うことができます。

参考までに我が家で使っているダッチオーブンは12インチがWOOLRICH、10インチ・8インチはコールマン、もう一つキャプテンスタッグの8インチがあります。

WOOLRICHの12インチダッチオーブンです。
初めて購入したのがこれです。ローストチキン(丸ごと)を作る場合にちょうど良い大きさです。
このブランドのダッチオーブンはもう販売されていないかもしれません。ネットで検索してもオークションの中古しか見かけなくなりました。鋳鉄で作られたもので、価格も安くてとても良い商品です。
コールマンの10インチダッチオーブン。
我が家ではメインとして使っているのがこのサイズになります。
これも鋳物タイプのダッチオーブンです。重さは約6kgあり普通の鍋とは比べ物にならない位重いですがこれが特徴でもあります。直径が約25センチで取り扱いやすいサイズでもあります。足のついていないタイプなのでキッチンでも使えます。
コールマンの8インチダッチオーブン。
二人分の調理にぴったりのサイズです。丸ごとのローストチキンなどは不可能ですが、手羽先や手羽元などのサイズの小さいローストチキンや、少量の煮物料理・揚げ物に最適です。小さいサイズにもかかわらず蓋の上に炭火を乗せられる構造になっているのも気に入っている所です。やはりこれも鋳物タイプのダッチです。これも足のないタイプでIHでも使うことが出来ています。

材質別のダッチオーブンの特徴

鋳物(鋳鉄製)
鋳物と言えば南部鉄器が有名ですが、基本的に作り方は一緒で、高温で溶かした鉄を型に流し込んで作られるものです。我が家のダッチオーブンもこのタイプのものでして、元祖と言っても良いと思われます。メンテナンスは少し面倒なのですが、手間のかかるところに魅力があるのもこのタイプの特徴で、使い込むことで真っ黒になっていきます。真っ黒になって黒光りしているダッチオーブンの事をブラックポットというそうで、キャンパーのステータスにもなっているとかいないとか・・・・


ステンレス製
鉄製と比べて錆びることがないのでメンテナンスが超楽なのがこのタイプ。
また、煮物を作ったとき鉄鍋の場合、いつまでも鍋に入れたままにしておくと、鉄分が食材と反応して煮物が黒くなってしまう場合がありますが、ステンレスはこれがありません。ですので、煮物メインならステンレス製が良いかもしれません。
このタイプは一枚のステンレスの板をプレスして作っているそうです。錆だけではなく、衝撃や温度変化にも強いとの事で、扱いやすさで選ぶならこのタイプが良いかもしれません。




黒皮鉄板製
1枚の鉄板を高温の状態で圧延して作るそうで、その工程で真っ黒な黒皮鉄板になるそうです。1枚の鉄板から作られるので衝撃に強いのが特徴との事です。鋳物タイプの場合熱い状態のダッチオーブンにいきなり水を入れるのは厳禁とされています(急激な温度変化で割れちゃうとか・・・)が、この黒皮鉄板の場合推奨はされていませんが、鋳物タイプより急激な温度変化にも強いそうです。また、錆にも強い様で扱いやすさはステンレス製に次ぐと思います。

Home > ダッチオーブンの料理・レシピ




新しく追加したレシピ