Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンで作るジャンボハンバーガー

ダッチオーブンで作るジャンボハンバーガー


キャンプなどのアウトドアにおすすめ!10インチのダッチオーブンで、直径20cmの巨大ハンバーガーを作りました。思い切りかぶりついて、食べたい気もしましたが、今回はカットして食べました。

ジャンボハンバーガー

材料

Baker'%
強力粉 80% 120g
薄力粉 20% 30g
ドライイースト 1.3% 2g
砂糖 6.6% 10g
1.3% 2g
無塩バター 10% 15g
牛乳 63% 95cc
トッピング
牛ひき肉 250g
レタス  1~2枚
トマト 小 2~3個
スライスチーズ 3枚
マヨネーズ 少量
マジックソルト 適量
マーガリン 少量

【関連リンク】
菓子パンのレシピ
ダッチオーブンのレシピ



工程 ストレート法

捏ね
伸ばして後ろが透けて見えるくらい
一次発酵 2倍
室温 50~60分
成形
丸型
最終発酵 2倍
室温 60分くらい
焼成
20分くらい

ジャンボハンバーガーの作り方

コッペパンと同じ生地なので捏ね方はここでは省きます。外で作る場合は、前もって家で材料の重さを量り、ビニール袋などに入れて持っていって現地で捏ねる方法と、冷蔵発酵生地を持っていき、一度常温に戻してから、成形する方法があります。冷蔵発酵生地の場合、薄皮パンちぎりパンなどの生地を使ってください。捏ね終わったら生地をクッキングシートを敷いたダッチオーブンに入れ、蓋をして程よい暑さの所に置いて発酵させます。成形の時にくっつかないように、打ち粉として強力粉を使いますので、忘れずに持って行ってください。
2倍くらいに大きさに膨らんだら、外にシートごと取り出し、ガス抜きをガス抜きをしながら縦に大きく膨らまないように、平らに伸ばします。成形が終わったら蓋をして温かい場所で2倍の大きさになるように発酵させます。
暑い日は木陰などに置き、曇りや少し肌寒い日などは、焚火などの近くに置くといいです。大体こんな感じです。
発酵させている間に炭火をおこしておきます。
下火として半分にしたオガ備長炭を、3個置きました。
上火には3個分乗せました。長いのが1個の長さです。
焼いている間にパテを作ります。今回は簡単に出来るように、味付けはマジックソルトを適量加えるだけにしました。マジックソルトを加えたら、粘りが出るようにしっかり捏ねます。手を汚したくない場合は、ビニール手袋を使ったり、材料をビニール袋に入れて、揉み合わせてもいいです。
捏ね終わったらクッキングシートに挟んで、ダッチオーブンと同じ大きさになるように、麺棒などを使って薄く伸ばし、形を整えます。焼くと一回り小さくなるので、なるべくギリギリまで伸ばすようにします。
20分くらい焼きました。
焼き終わったらシートごと取り出し、今度はパテを入れます。フライパンなどで焼いてもいいのですが、せっかく熱くなっているダッチオーブンがあるので、シートごとパテを入れ、蒸し焼きにしました。シートを外して焼くと、返す時に崩れてしまう危険があったので、そのまま焼きました。蒸し焼きにしたので、肉汁が出てしまいパサパサになってしまいました。次回は焼く前に小麦粉を薄く付けて、肉汁が逃げないようにコーティングして焼いてみようと思います。
火が通って、肉の色が変わったら取り出します。
パンを横から切ります。
切り分けた下のパンには、たっぷりマヨネーズを塗りました。その上に水気を切ったレタス、パテの順で乗せていきます。順番に決まりはないので、自由に乗せて行ってください。
薄くスライスしたトマトとスライスチーズも乗せました。お好みで、目玉焼きやパテの枚数を増やしてもいいです。
比較の対象が近くにコショウのビンしかなかったので、ちょっと分かりにくいですが、おいてみました。ちなみに、コショウのビンは直径約3cm、高さが8cmです。

完成

ジャンボハンバーガーの完成です。4等分に切り分けて食べました。4分の1個でもかなりのボリュームがありました。
普通サイズでちょっと贅沢な配合のハンバーガーの作り方です。

Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンで作るジャンボハンバーガー




新しく追加したレシピ