Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンの錆取り方法

ダッチオーブンの錆取り方法

ダッチオーブンの錆取り

ダッチオーブンが錆びてしまった場合の対処法をインターネットで検索してみると何通りかの方法を見つけることができます。天然素材を使った亀の子たわしを使って錆をこすり落とす方法。金たわしは鍋に傷が付くため使ってはいけないと言う意見も見つけることができますが、クレンザーを使ったり金たわしでガシガシこすり、錆を落とす方法などが見つかります。共通していることは、最後はオリーブオイルを塗りながらシーズニングをしっかりとやし直すという事でした。管理人としても、金のたわしを使って鍋にキズが入るのにはかなり抵抗がありましたし、それほど重症でもないように思えましたので天然のヤシで作られた亀の子たわしを使って錆落としをしてみました。もっと重症になってしまったダッチーオーブンは金たわしを使いました。ただ、金田たわしを使う場合はなるべくやさしく表面の錆だけを取ることを意識して擦りました。

ダッチオーブンのメンテナンス

使用した道具

錆ついたダッチオーブン
たわし
オリーブオイル
キッチンペーパー
くず野菜
ガスコンロ




錆取りの方法

料理の後、うっかり手入れを怠ると、1週間でこんな感じに錆が出てきてしまいます。
亀の子たわしを使って錆をゴシゴシと擦って落とします。幸いそれほど頑固な感じではなかったので、簡単に錆を取ることが出来ました。亀の子たわしは天然素材のヤシが原料なので、硬すぎる事も無く鉄鍋のメンテナンスには丁度いいようです。でも、しっかり錆付いてしまった場合は、金たわしを使うことになるようです。
錆を洗い流したら火にかけて水分を飛ばします。
鍋が乾きました。ここまできたら一旦コンロの火を止め、オリーブオイルを鍋全体に薄く塗っていきます。シーズニングのやり直しです。
オリーブオイルを塗っています。使う油は純粋な植物性の油ならオリーブオイルでなくても良いそうです。
ダッチオーブン全体にオリーブオイルを塗ったら、再度コンロに乗せて空焚きします。煙がモウモウと上がっていますが、この煙がなくなるまでしっかり炙ります。煙が出なくなったら火を止め、自然に冷めるまで待ちます。熱いダッチオーブンに水を掛けると鍋が割れる恐れがありますので、くれぐれも自然に冷めるまで待つようにしてください。鍋が冷めたらもう一度、鍋全体(外側も、内側も)にオリーブオイルを薄く塗って同じようにコンロの火に掛けます。
これでダッチオーブンは、真っ黒な状態に復活しました。最後にクズ野菜を油をひいて炒めて終了です。

Home > ダッチオーブン > ダッチオーブンの錆取り方法




新しく追加したレシピ