Home > ダッチオーブン > 焼きイモの作り方

焼きイモの作り方

焼き芋

甘くてホクホクとした、おいしいやきいもが出来ました。

やきいも
材料
サツマイモ  3本

使用した道具
ダッチオーブン12インチ
コールマンツーバーナー



所要時間 約1時間

【関連リンク】
ダッチオーブン料理
サツマイモのレシピ



やきいもの作り方

今回用意したサツマイモ、金時です。

1:焼きイモの作り方を調べるとアルミホイルで包んで焼く方法
2:新聞紙で包んで水に浸してからアルミホイルで包む方法
3:何もせずそのまま焼く方法
がヒットします。
3種類の方法で焼いてみます。

作り方の手順

まず1本目をアルミホイルで包んでいます。
2本目は新聞紙で包んで、その新聞紙に水を含ませます。その後にアルミホイルで包みます。
3本目はそのままなので画像は撮っていません。
20年ぐらい前に購入したコールマンのツーバーナー413Hです。
今も変わらずこの形で販売されているようです。
ツーバーナーに点火し、ダッチオーブンを乗せてプレヒートします。
ダッチオーブンに底網を敷きます。その上に3本のサツマイモをセットしています。火力は弱火~中火の状態で蓋をします。下火しかありませんので途中サツマイモをひっくり返してまんべんなく火が通るようにしました。時間は40分~60分ぐらいかと思います。40分ごろから串を刺してみて火の通りを確認しながら焼きます。ホイルで包んだものの方が焼き上がる時間が若干長くかかるようです。
60分後の状態です
串もスッと通りましたので、ここで完成とします。

完成

どのパターンの焼きイモもとても美味しく食べられました。違いはと言うと裸で焼いた芋より、アルミホイルで包んだものの方がしっとり感が多かったように感じます。(新聞紙+アルミホイル)とアルミホイルだけの物との違いはほとんどなかったように思います。
余った焼き芋をスイートポテトにリメイクしました。
スイートポテトの作り方

Home > ダッチオーブン > 焼きイモの作り方




新しく追加したレシピ