Home > 魚介類 > ホッケの一夜干しの作り方

ホッケの一夜干しの作り方

ホッケの一夜干し

ホッケを塩水に浸して、一晩乾燥させました。

ホッケの一夜干し

材料

ホッケ  2匹
 水の重さに対して3%

【関連リンク】
ホッケのレシピ
魚介類のレシピ
乾物のレシピ




ホッケの一夜干しの作り方

エラに指を入れ、引っ張り出して取り除きます。
背ビレの始まりの所から包丁を入れ、中骨くらいまでの深さで、尾まで切れ目を入れます。
頭を半分に切り、中骨から腹の方に包丁を入れ、ホッケが開くようにします。
血合い(血が溜まっている所)に浅く包丁を入れ、流水で綺麗に洗い流します。最後に目玉を取り除きます。
血合いが残っていると、生臭くなります。
骨の所に残っている血合いは、使い古した歯ブラシなどを使うと綺麗に落とせます。
ホッケの開きが出来ました。
3%の塩水に5~6時間漬けてから、干し網やザルなどの入れ一晩干します。手で触ってみて、表面がベタベタしなければ完成です。

3%の塩水の作り方は、濃度(%)=食塩の重さ/全体の重さ×100ですので、厳密に表現すると水970g(970ml)に食塩30gでキッカリ3%になりす。上にあるホッケは、腹開きにしたものです。

完成

ホッケの一夜干しの完成です。

Home > 魚介類 > ホッケの一夜干しの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報