Home > 魚介類 > ウスメバルの捌き方

ウスメバルの捌き方

ウスメバル (赤メバル)

メバルは全体がオレンジ色した綺麗な魚です。煮物、焼き物、揚げ物など食べ方も色々ありますが、今回は鮮度が良かったので刺身にしてみました。コリコリとした食感でとってもおいしかったです。

ウスメバルの捌き方
材料
メバル   1匹

【関連リンク】
メバルを使ったレシピ
魚介類のレシピ





ウスメバル (赤メバル)の捌き方

鱗をきれいに取り除き除きます。
エラぶたを開いて、エラの付け根を外します。
指でエラを引っ張り出します。同じように逆側のエラも引き出します。
エラぶたの付け根を切り離し、残っているエラを綺麗に取り出します。
外したエラぶたの先から、メバルの肛門まで包丁を入れ、内臓を綺麗に取り刺し、水洗いします。
腹ビレを切り落とします。
尾の部分に切れ目を入れます。
背中側の身を中骨に沿って数回包丁を入れ、身を剥がしていきます。
そのまま一気に、内臓があるほうの腹側の身も剥がします。

※今回は小ぶりのメバルだったので一気に腹側の身まで切り離しました。形が大きい場合は、背中側からと腹側の両方から包丁を入れ、最後に中骨の中心の身を剥がします。
2枚おろしの完成です。
同じ様に残っている反対側の身も切ります。
尾の部分に切れ目を入れます。
背中側の身から、内臓が入っている方の腹身まで、中骨に添って包丁を数回入れて、身を剥がします。
3枚おろしの完成です。
内臓が入っていた部分にある腹骨を、包丁を寝かして削ぐようにして、切り落とします。
身と皮の間に包丁を入れ、皮の端をまな板の角を使って押さえながら、包丁の角度を変えないように包丁を上下させながら、皮を剥ぎます。残っている小骨を骨抜きを使って抜きます。
好みの厚さに切ります。

完成

ウスメバルの刺身の完成です。

Home > 魚介類 > ウスメバルの捌き方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報