Home > 果実酒 > ドラゴンフルーツ酒の作り方

ドラゴンフルーツ酒の作り方

ドラゴンフルーツ酒

南国トロピカルフルーツの代表的存在の、ドラゴンフルーツを浸けてみました。

ドラゴンフルーツ酒

材料

ドラゴンフルーツ 500g
氷砂糖 100g
ホワイトリカー 35度  900cc

2リットル以上の容器が必要になります。

【関連リンク】
ドラゴンフルーツのレシピ
果実酒のレシピ





ドラゴンフルーツ酒の作り方

保存ビンがゆったり入るくらいの大きな鍋に、たっぷりの水を入れ保存ビンを沸騰します。沸騰したお湯に入れると、割れる場合があって危険ですので、必ず水から入れてください。
ドラゴンフルーツの緑色をした葉?のような部分を切り落とします。
水で洗い、キッチンペーパーで水気をキレイに拭き取ります。
ドラゴンフルーツを半分に切ります。
煮沸消毒した保存ビンにドラゴンフルーツ、氷砂糖、ホワイトリカーを入れます。
今回使ったドラゴンフルーツを糖度計で測ってみたら、糖度6.2度でした。甘さの目安:飲料水の「ポカリスエット」の糖度が、6.7度です。

保存

漬けてから1ヶ月後くらいから飲むことができますが、熟成させるほどおいしくなるそうです。
5日後
ドラゴンフルーツは浸けてから3~4時間くらいから色が付き始めましたが、5日目になると、皮の色がほとんど抜け、キレイな色のお酒になってます。1ヶ月後が楽しみ~!
1ヶ月後の個人的評価: イマイチ
綺麗な赤い色をしていたドラゴンフルーツが、すっかり色が落ちてしまって黄色くなっていました。綺麗な色合いに期待をしつつ飲んでみる。アルコールの匂いが強く、味もまだ無いに等しい感じにかなりがっかり・・・とりあえず、熟成させます。

完成

7ヶ月後
赤く綺麗な色だったドラゴンフルーツ酒が、黄橙色になってました。味と香りは相変わらずで、イマイチ...。レモン汁を2滴加えてみてようやく、味がスッキリする感じでした。これは、好き嫌いがハッキリ分かれる味だと思います。

Home > 果実酒 > ドラゴンフルーツ酒の作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報