Home > 果実酒 > 柿酒の作り方

柿酒の作り方

柿酒
秋の代表的な果物の柿を漬けました。渋柿で浸けてもいいようですが、今回は普通の柿を使いました。

柿酒

材料

500g
氷砂糖 100g
ホワイトリカー 35度  900cc

1リットル以上の容器が必要になります。

【関連リンク】
柿のレシピ
果実酒のレシピ





柿酒の作り方

保存ビンがゆったり入るくらいの大きな鍋に、たっぷりの水を入れ保存ビンを沸騰します。沸騰したお湯に入れると、割れる場合があって危険ですので、必ず水から入れてください。
柿は綺麗に水で洗い、キッチンペーパーで水気を綺麗に拭き取ります。
煮沸消毒した保存ビンに、ヘタを取って半分にした柿とホワイトリカー、氷砂糖を入れます。
今回使った柿を糖度計で測ってみたら、糖度17度でした。甘さの目安:飲料水の「ブルガリアのむヨーグルト」の糖度が、17.7度です。

保存

飲み頃は、漬けてから3ヶ月後くらいになります。

完成

8ヶ月後
香りも味もあまり「柿」という感じはあまりありません。言われてみれば、そんな感じがするっていう程度です。
浸けていた柿は、変色しているものを取り除き、他の物はそのまま入れておきます。1年くらい経ったらもう少しおいしくなるかも?です。
1年半後
アルコールも落ち着き、柿の味もしっかり出てておいしくなっていました。

Home > 果実酒 > 柿酒の作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報