Home > 果実酒 > マンゴスチン酒の作り方

マンゴスチン酒の作り方

マンゴスチン酒

マンゴスチンは「果物の女王」と呼ばれ、東南アジアを代表する果物の一つです。甘みと酸味のバランスが良い果物です。

マンゴスチン酒

材料

マンゴスチン 500g
ホワイトリカー 35度  900cc

※1.8リットル以上の容器が必要になります。

【関連リンク】
マンゴスチンを使ったレシピ




マンゴスチン酒の作り方

保存ビンがゆったり入るくらいの大きな鍋に、たっぷりの水を入れ保存ビンを沸騰します。

※沸騰したお湯に入れると、割れる場合があって危険ですので、必ず水から入れてください。
保存容器を煮沸消毒する方法
マンゴスチンの皮を剥きます。

マンゴスチンの下の方を薄く切り落とします。
包丁の角で十字に薄く切れ目を入れます。

※マンゴスチンは表面の皮だけが少し固くて、内側はすごく柔らかいので、表面に傷を付ける程度でOKです。
切れ目を開けるようにして、皮を剥きます。
煮沸消毒した保存ビンにマンゴスチン、ホワイトリカーを入れます。

※マンゴスチンは甘みが強いので、氷砂糖は入れませんでした。
今回使ったドラゴンフルーツを糖度計で測ってみたら、糖度16度でした。

※甘さの目安:飲料水の「ブルガリアのむヨーグルト」の糖度が、17.7度です。

保存

漬けてから6ヶ月後くらいから飲むことができますが、熟成させるほどおいしくなるそうです。

完成

漬けてから1年半後
砂糖を使っていないのと、マンゴスチン自体があまり味が強くないので、アルコール味が強く感じられます。個人的に嫌いな味ではありませんが、オススメ!っていう味でも無いかもです。

Home > 果実酒 > マンゴスチン酒の作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報