Home > 乾物 > スルメの作り方

スルメの作り方

スルメ

イカの一夜干しを完全に乾燥させればスルメになります。

スルメ

材料

イカ 適量
適量
 水に対して3%

【関連リンク】
イカのレシピ
乾物のレシピ





スルメの作り方

イカは耳を下にして置き、イカの胴体の中心部分に包丁を逆にして入れ開いていきます。キッチンバサミを使うと楽に捌くことが出来ます。
開いた状態です。
こだわる必要はありませんが、スーパーなどで売っている一夜干しや、スルメはほとんど胴体と足がくっついているので、その形になるように捌きます。
イカの足の中心に包丁を入れ軟骨を切ります。
イカの口を取ります。
イカの目を取ります。
最後にイカの腑を傷を付けない様に、やさしく耳の方から剥がしていきます。
イカの足の吸盤を指で、しごくように擦り取ります。包丁の刃を垂直に足に当てて、スライドさせながら削ってもいいです。
ここまで出来たら水で良く洗います。
3~5分程度イカを塩水に漬けます。塩分濃度はお好みですが、3~10%の塩水を使うようです。3%の塩水の作り方は、濃度(%)=食塩の重さ/全体の重さ×100ですので、厳密に表現すると水970g(970ml)に食塩30gでキッカリ3%です。3%の塩水で作ると、仕上がりがほんのりとした塩味になります。
塩水に漬け終わったイカを干します。この時、そのままだと身が丸まってしまいますので、串を使って開いた状態を保ちます。足は、割り箸を左右の目の穴に通し、その割り箸に長い足を絡めるようにして、風の通りを良くします。この状態で干して、手で触ってべたつきが無くなれば完成です。完成までの時間は季節によってかなり変わります。干す場所は、様々意見があるようですが、我が家は日向です。(理由は、海辺で天日干ししているイメージが強くあったのでそうしています。仕上がりの違いは良くわかりません。)

完成

完全に水分が抜け、スルメの完成です。
イカの一夜干しの作り方
そのまま火で炙って食べても良いのですが、今回は煮物して食べました。

Home > 乾物 > スルメの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報