Home > 乾物 > ヨモギ粉&もぐさ?の作り方

ヨモギ粉&もぐさ?の作り方

ヨモギ粉&もぐさ?

柔らかいヨモギの葉だけを蒸して、乾燥させて粉末にしました。副産物として、「もぐさ?」も出来ました。

ヨモギ粉&もぐさ

材料

ヨモギ  適量

※100gのヨモギを乾燥させたら、12gの乾燥ヨモギが採れました。

【関連リンク】
ヨモギのレシピ
乾物のレシピ
山菜のレシピ




ヨモギ粉&もぐさの作り方

ヨモギは柔らかい葉の部分だけ使います。
ヨモギを綺麗に水で洗い、ザルにあげて余分な水分を切っておきます。
色止めのため蒸し器で30秒くらい蒸します。
露止めのため、蒸し器の蓋に布を巻きます。
蒸しあがったら、すぐにザルなどに広げ乾燥させます。
乾燥した状態です。100gの生のヨモギが、12gの乾燥ヨモギになりました。
室内で温風ヒーターの前において、3日乾燥させました。
ミルサーで粉末にしていきます。
12gの乾燥ヨモギの内、7gを粉末にします。残りの5gはヨモギ茶にしました。
30秒くらいミルサーにかけた状態です。ふるいにかけて、ヨモギの粉と繊維に振り分けます。
この作業を数回繰り返します。
ちなみに、こちらは5回繰り返した状態です。
お灸のおはなし」さんのページを見ると、たぶんこの白い繊維が「もぐさ」なんだと思います。
左がヨモギ粉で、右がもぐさ?になります。
ちょっと分かりにくい写真ですが、左が市販のヨモギ粉で、右が自家製のヨモギ粉です。市販のヨモギ粉は、繊維が残っていてフワフワな感じなのに対して、自家製の繊維が少なく、粉がメインになっています。

完成

自家製の乾燥ヨモギ粉の完成です。7gの乾燥ヨモギから、5gのヨモギ粉が取れました。
この自家製のヨモギ粉を使って、ヨモギ蒸しパン麩まんじゅうを作りました。

Home > 乾物 > ヨモギ粉&もぐさ?の作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報