Home > 燻製 > 温燻 > 燻製レーズンの作り方

燻製レーズンの作り方

スーパーで枝付きレーズンを発見、白と赤の2種類です。干しブドウというくらいなので、すでに風乾燥は済んでいますので即燻煙することができます。最初はスノーピークのコンパクトスモーカーを使って熱燻製してみました。結果は失敗、レーズンに火が通ってしまって食感が固くなってしまいました。燻製の風味もそれほどついたとは感じられなかったので、今度は温燻製で4時間ほど煙を当ててみました。

レーズンの燻製

材料

枝付きレーズン 適量

ユニフレームフォールディングスモーカー
スモークウッド さくら

50℃前後の温燻法です。

燻製時間4時間


【関連リンク】



レーズンの燻製

赤と白のレーズンです。
燻製するにあたって下準備はありません。すでに干されているのでパッケージから出したらすぐにスモーカーに入れて燻し始めます。
スモーカーに入れる前に、棚網にのせます。

このままフォールディングスモーカーにセットします。

スモーカーにセットした状態。
この後、スモークウッドをスモーカーにセットし燻煙を始めます。

使ったスモークウッドはサクラです。

画像が白く靄がかかって見えにくいのはスモークウッドの煙のせいです。
スモーカー内の温度は50度前後になっていましたが、熱源は使っていません。スモークウッドの熱だけです。

完成

完成です。
4時間燻した後の状態です。

味はというとレーズンの甘さに煙の風味が負けているようで、あまり燻製の風味は感じられませんでした。 もっと燻煙時間を延せば良いのか、ピートを使ってみれば良いのか、何れにしろレーズン自体は美味しいので今後さらに研究してみたいと思います。

Home > 燻製 > 温燻 > 燻製レーズンの作り方




新しく追加したレシピ