Home > 燻製 > 温燻 > ラム肉ジャーキーの作り方

ラム肉ジャーキーの作り方


ラム肉を使って干し肉の燻製を作りました。なるべく脂身の少ない肩肉を使っています。ラム肉独特の香りと燻製の風味がまじりあったところに塩味とブラックペッパーの刺激がよく合います。これは美味しいです。燻製大成功。

ラム肉のジャーキー作り方

材料

ラム肩肉 260g
ソミュール液 200cc

スモークウッド さくら
東芝電熱器
フォールディングスモーカー

60℃~70℃の温燻法です。

熱乾燥1時間
燻製時間2時間

【関連リンク】
ラム肉しゃぶしゃぶ



ラム肉の燻製(ジャーキー)

ラムの肩肉です。もも肉が脂身の少ない部位との事なのですが近所のスーパーで販売しているのを見たことがありません。

手に入る脂身の少ない部位が肩肉だったのでこれを使いました。すでにスライスされたものを購入しました。
保存袋にラム肉を全部投入し、ブラックペッパー、オールスパイス、ガーリックパウダー、生姜(チューブ)を投入。最後にいつものソミュール液をいれて袋の上から揉む様にすべてを混ぜ合わせてなじませます。
きっちり封をして冷蔵庫に一晩保管しておきます。
次の日のラム肉の状態です。

この後、水に浸けて塩抜きします。
ボールに水を張ってラム肉を浸します。
流水ではなく溜め水で塩抜きしました。
今回は8時間ほど時間がかかりました。途中何回か水を交換しながら4時間を過ぎたあたりから肉の切れ端をフライパンで焼いて味見して塩抜き加減を確認します。目安は抜きすぎたかな・・と思うほどの薄味になっていればOKです。
なぜ薄味にするのかと言えば、この後風乾燥と燻製で水分がかなり抜けますので、その分味が濃くなります。

水からラム肉を取り出したらキッチンペーパーなどで水分を拭き取ります。
表面の水分を拭き取ったラム肉は網に並べて乾燥させます。

今回季節は夏なので乾燥は冷蔵庫で行いました。ラップをしないでそのまま冷蔵庫に入れておくだけですが・・・・

24時間冷蔵庫で乾燥させたらスモーカーにセットします。

最初は煙をかけずに電熱器でスモーカー内60度前後で温めながら乾燥させます。
これを温熱乾燥といいます。時間は1時間ほどでした。
1時間ほど熱乾燥した後スモークウッドを追加します。

スモーカー内の温度を70度にして2時間燻しました。

完成

完成です。
燻し終わった直後の状態です。
すぐに食べるのではなく保存袋などに2日以上いれて保管(熟成)させてから食べると煙の風味が落ち着いてとても美味しくなります。

Home > 燻製 > 温燻 > ラム肉ジャーキーの作り方




新しく追加したレシピ