Home > 燻製 > 温燻 > 鶏胸肉ジャーキー

鶏胸肉ジャーキー

鶏胸肉ジャーキー

ソミュール液で味付けしたものは以前作りましたので、ここでは自家製の焼き肉のたれで味付けしてみました。ここで使った焼き肉のたれも手作り品です。

鶏肉ジャーキー
材料
鶏胸肉 1346g
焼き肉のたれ  500cc

使用した道具
スモーカー
スモークウッド
電気コンロ

スモーカーを使用した温燻法です。

温熱乾燥1時間
燻製時間2時間

【関連リンク】



鶏胸肉の燻製の作り方


材料・下準備

鶏の胸肉です。
材料に1346gと記載していますが、購入してきた胸肉の皮を取り、スライスしたものを計ったらそのグラム数だったということです。
胸肉の皮を取ります。
5mmぐらいの厚さでスライスします
この時点で重さを計ってみました。1346gあります。

塩漬け

保存袋にカットした鶏胸肉を全部入れて、用意しておいた焼き肉のたれを投入します。材料表には500ccと書いていますが、肉がすべて浸かれば500ccも必要ありませんので実際に保存袋に投入するときに使用量は決めてください。
この状態で24時間冷蔵庫で保管します。
24時間後ボールにはった水に浸けて塩抜きします。

時間は3時間程度でした。塩抜き終了の判断は、肉の一部を焼いて味見をして判断します。この時点では薄味にしておくのがポイントです。この後水分をしっかり抜くので仕上がりはこのときの味より濃くなります。
塩抜きが終ったらキッチンペーパーなどで肉の水分を拭き取り、網に並べて表面の水分を飛ばします。
一晩風通しの良い場所で風乾燥させました。(もちろん気温の低い乾燥した時期限定です。気温の高い時期は冷蔵庫で乾燥させます)
スモーカーにセットしました。
最初の1時間は煙をかけずに温熱乾燥です。このとき、スモーカーは密閉せず、水分の逃げ道の為、蓋をすこし開けておきます。温度は60~70度程度でした。

その後70度前後で2時間煙をかけて燻製します。煙をかけるときは開けて置いた蓋は閉じます。
2時間の燻製が終ったときの画像です。
ここから更に乾燥させていき、水分を抜きます。このときは扇風機の風に当てて乾燥させました。
弱い風にセットして3日間乾燥させた結果です。

1346gあった肉の重さが440gになるまで乾燥されました。

完成

もしかしてダイエット中や筋トレ中のたんぱく質の補給に最適な食材になったかも?
ビールのつまみに美味しくいただきました。

Home > 燻製 > 温燻 > 鶏胸肉ジャーキー




新しく追加したレシピ