Home > 燻製 > 冷燻 > 甘エビジャーキー風冷燻製

甘エビジャーキー風冷燻製

海老のジャーキー風の冷燻製

以前作ったときはボイルしてから煙をかけて乾燥させましたが今回は刺し身用の甘海老をそのまま干して燻しました。ボイルしたものも美味しかったですがこちらの方が食感が良くさらにおいしく出来たと思います。




海老のジャーキー風燻製

材料

甘エビ(大き目の物) 適量
ソミュール液 50cc
250cc

フォールディングスモーカー
スモークウッド さくら

20℃以下の冬限定冷燻法です。
燻製時間2時間30分


【関連リンク】
燻製のレシピ





海老のジャーキー風の冷燻製

今回の食材。スーパーで購入してきた甘エビ(刺身用)です。
モザンビーク産の解凍物です。大き目の物を選びました。
まずはおなか側に包丁を入れて開きます。
これが開いた海老の状態です。
ソミュール液1:水5に薄めたものをタッパーにいれてその中に開いた海老も投入します。

漬け時間は5時間としました。(もっと短くても良いと思われます)
ソミュール液から取り出したらキッチンペーパーで海老の表面の水分を拭き取りました。
網に並べて乾燥させていきます。

今回は冬場でもあり、扇風機の弱い風に当てて一晩乾燥させました。

一晩たった海老の状態。
だいぶ水分も抜け、表面はしっかり乾いています。これで燻製の準備ができましたので、次の燻煙の工程に進みます。
スモーカーにセットし、スモークウッドの煙で燻しています。

スモークウッドはサクラ、SOTOの商品を使っています。この状態で2時間半燻しました。

完成

燻し終わったらさらに乾燥させて完全に水分を抜いたら完成です。

完全に美味しいお酒のおつまみです。日本酒に良く合います。

この燻製に使った道具です

ユニフレームのフォールディングスモーカーFS-600。
主に温燻製で使いますが、冬場は冷燻製のスモーカーとしても使います。
現在我が家のメインのスモーカーです。

冬場であればスモーカー内でスモークウッドを焚いても中の温度は20度ぐらいまでしか上がりません。
SOTOから販売されている桜のスモークウッドです。
これで2時間から2時間半の燻製が可能です。

Home > 燻製 > 冷燻 > 甘エビジャーキー風冷燻製




新しく追加したレシピ