Home > 燻製 > 冷燻 > 釜揚げサクラエビの燻製

釜揚げサクラエビの燻製

釜揚げサクラエビの冷燻製

釜揚げサクラエビをスーパーで発見。これを燻したら美味しくなるのは簡単に想像できます。さっそく購入し、冷燻製で熱をかけないように燻してみました。乾物ではなく半生状態で食べます。燻製による色の変化はそれほど強くはありません。




さくらえびの燻製

材料

釜揚げサクラエビ 適量

フォールディングスモーカー
スモークウッド さくら

20℃以下の冬限定冷燻法です。
燻製時間2時間30分


【関連リンク】
燻製のレシピ





サクラエビの冷燻製

購入してきたばかりの桜エビです。乾物ではなく、釜揚げされたばかりのしっとりとしたやつです。

あえて味付け(塩漬け)なしで燻します。
好みですがさっと塩を振っても良いと思います。

燻す前の準備として表面の水分を飛ばしますので、まずは軽くキッチンペーパーで表面の水分の拭き取ります。
網に並べて表面を乾燥させます。
(塩を振るならこの段階で・・)
この状態で扇風機の弱い風に2時間ほど当てました。
スモーカーに入れて煙を当てている画像です。

この状態で2時間半ほど燻しました。

外気温0度前後の季節限定の冷燻製です。これぐらいの気温だと、スモーカー内でスモークウッドを焚いても庫内温度は20度まで上がりませんでした。

完成

2時間半燻して終了です。

ラップをして冷蔵庫で半日以上寝かせたら完成です。

ビールでも日本酒でもよく合います。

この燻製に使った道具です

ユニフレームのフォールディングスモーカーFS-600。
SOTOから販売されている桜のスモークウッド。

Home > 燻製 > 冷燻 > 釜揚げサクラエビの燻製




新しく追加したレシピ