Home > 郷土料理 > 四国地方 > はんごろしの作り方

はんごろしの作り方

はんごろし(餡入りおはぎ)

はんごろしは、もち米とうるち米を混ぜて炊いたご飯を半分だけ潰して作ったおはぎのことで、主に徳島県那賀町では「はんごろし」と呼んでいるようです。

はんごろし

材料 1合分

うるち米 75g
もち米 75g
乾燥ヨモギ 2g
漉し餡 15×4  60g
黄な粉 適量
少々

【関連リンク】
四国地方の郷土料理
ヨモギのレシピ
もち米・お餅のレシピ
ご飯物のレシピ



はんごろしの作り方

うるち米ともち米を合わせ、普通のご飯を炊くときと同じように洗い、分量の水を加えて30分ぐらい置いてから炊きます。
乾燥ヨモギは水で戻し、キッチンペーパーなどで水を切っておきます。乾燥ヨモギはそれぞれ戻し方が違いますので、それぞれの戻し方で戻してください。
餡子は15gずつ丸めておきます。
炊き上がったご飯をすりこ木で、半分くらい粒が残るように潰します。潰し終わったら水で戻したヨモギを加え、よく混ぜ合わせます。
米を4等分に分け、丸めておいた餡子を包みます。
塩を少々加えた黄な粉を全体にまぶします。

完成

はんごろしの完成です。

今回のはんごろしを作るにあたって、とことん県民性さんを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

Home > 郷土料理 > 四国地方 > はんごろしの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報