雪の下から顔を出し、春の訪れを知らせてくれるふきのとうを、甘辛い佃煮にしました。密封出来る袋に入れておけば、長く春の味を堪能することが出来ます。


材料

ふきのとう  適量
下処理用 塩 ひとつまみ
 ふきのとうの5分の1
みりん 酒と同量
醤油 酒の2倍
砂糖 酒の2倍

【関連リンク】
ふきのとうをのレシピ



ふきのとうの佃煮の作り方

ふきのとうは酢味噌和えの時と同じように下処理をします。アク抜きが終わったらたっぷりのお湯で軽く茹でます。茹で終わったらすぐに冷水に入れて冷まします。苦みが得意でない方は、水を数回変えながら一晩おきます。アク抜きが終わったら、手でギュっと握って水気を切り、重さを量ります。
重さを量ったら131gあったので、酒とみりんを各26g、醤油と砂糖を52g、鍋に入れました。
弱火加熱して砂糖が溶けたら、好みの大きさに切ったふきのとうを加え、弱火と中火に間くらいで煮詰めていきます。
水分が少なくなるまで、ゆっくり煮詰めていきます。砂糖を多めに使っているので、冷めると少し固くなります。なので、好みの固さの一歩手前で煮詰めるのを止めてください。

完成

ふきのとうの佃煮の完成です。