八つ頭は里芋の一種で、親イモと子イモがひと塊になっている物です。八つ頭の「八」の字が末広がりを表して人の頭に立つ意味から縁起が良いとされ、おせち料理などでも作られます。

材料

八つ頭 1個
800cc
ダシの素 4g
砂糖  大さじ3
少々
薄口醤油 大さじ3
みりん 大さじ1

【関連リンク】
里芋のレシピ
お正月のレシピ



八つ頭の甘煮の作り方

今回使った八つ頭です。こぶがゴツゴツとあります。流水でドロなどを洗い流します。
コブごとに切り分けます。
厚めに皮を剥き、好みの大きさに切り分けます。面取りをしておくとひび割れしにくくなります。切り終わったらヌメリを取るために砂糖大さじ1をまぶし、よく揉んでから流水で洗い流します。面取りをし終わった八つ頭の重さは310gありました。
鍋にたっぷりの水と八つ頭を入れて加熱します。沸騰したらお湯を捨て、ヌメリを取り除きます。
鍋に新しい水を800cc入れます。ダシの素を加え、10分くらい中火で煮込みます。
その後、砂糖の残りと薄口醤油を加えて、柔らかくなるまで弱火で煮込みます。

完成

八つ頭の甘煮の完成です。