白菜キムチの作り方

白菜キムチ

何度も何度も作り続けて、やっとおいしく食べれるレベルになったような気がします。

白菜キムチ


白菜下漬け
白菜  1玉
40g

だし用
 300cc
もち米 100g
だし昆布 3g
鰹節 3g
干し椎茸 5g

【関連リンク】
白菜を使ったレシピ
野菜のレシピ
キムチ漬けのレシピ
漬物のレシピ
ヤンニョム
大根 150g
人参 120g
万能ねぎ 6本 30g
ニラ 5~6本 30g
生姜 20g
リンゴ  1/4個
ニンニク 2片 10g
だし昆布 5g
白ごま 30g
あみの塩辛 40g
桜えび 5g
唐辛子 粗引き 20g
唐辛子 粉 20g
砂糖 35g
魚醤 (ハソンジョン) 50cc
煮干の粉末 20g

白菜キムチの作り方
キムチを作る前日に、白菜を漬けておきます。

白菜は根元部分に切れ目を入れ、裂くように4等分割っていきます。全部包丁で切ってしまうと、白菜の中心部分がバラバラになり、無駄になってしまうので、手で裂くようにします。
4等分にした白菜の葉の一枚一枚に、塩をまぶしていきます。根元の方には少し多めに、塩をまぶしておきます。
塩をまぶした白菜をボールなどに入れ、重石を乗せて一晩つけておきます。


ヤンニョムを作る
ボールに用意しておいた、粉状の唐辛子 20gと、粗引きの唐辛子 20gを入れます。
大根は皮を剥き、千切りにします。
切った大根は、唐辛子が入ったボールに入れます。
人参も大根と同じように皮を剥き、千切りにします。
切った人参は、大根と同じボールに入れます。
万能ねぎは、1cmくらいの長さの輪切りにします。
切った万能ねぎも同じボールに入れます。
ニラは4~5cmくらいの長さに切ります。
切ったニラも同じボールに入れます。
生姜は皮を剥き、すりおろします。
すりおろした生姜も同じボールに入れます。
りんごも皮を剥き、すりおろします。
すりおろしたりんごも同じボールに入れます。
にんにくも皮を剥き、すりおろします。
すりおろしたにんにくも同じボールに入れます。
昆布は1~2㎜の幅にハサミなどで切ります。
切った昆布も同じボールに入れます。
唐辛子、大根、人参、万能ねぎ、ニラ、生姜、りんご、にんにく、昆布の入ったボールに、白ゴマ・あみの塩辛・砂糖・魚醤・桜えび・煮干の粉末を加え混ぜ合わせます。
混ぜ合わせていくと、野菜がシンナリしてきます。


だしを作る
もち米をミキサーやフードプロセッサーなどで粉状にします。ミキサーやフードプロセッサーがない場合や、面倒な場合はもち粉を使ってください。

※普通のご飯でも代用できます。その場合、ご飯に水を加えてすり鉢でのり状にします。
鍋に水 300cc、だし用の昆布 3g、干ししいたけ 5gを入れ火にかけます。沸騰して5~6分程煮たら火を止め、鰹節 3gを入れ2~3分経過したら、鍋のだしをいったんザルで濾します。
だし汁をなべに戻し、もち米の粉を投入しさらに2~3分弱火で煮ます。

※この時、焦がさないようにヘラでかき混ぜながら煮ます。


キムチを作る
冷めただし汁を唐辛子や切った材料が入ったボールに入れて混ぜ合わせるとキムチのたれの完成です。
水を切っておいた白菜にキムチのたれを、白菜の葉一枚一枚に塗っていきます。
万遍なくキムチのたれを塗った白菜は丸めて漬けておきます。

我が家では、仕込みの終わったキムチはビニール袋に入れて密封し冷蔵庫で寝かせます。その為、キムチのタレを白菜に塗る作業は初めからビニール袋の中で行っています。
キムチは漬け込んだ次の日から食べられます。常に発酵が進んでいますので毎日味が変わります。我が家では3日目のキムチが一番好評です。


完成
漬けてから3日後のキムチです。
白菜がしんなりして酸味もありません。酸味が出てきたら、豚肉と一緒に炒めて食べるとおいしいです。



最近追加したレシピ
育てる楽しみ
Feeds

BBS7.COM
MENU RND NEXT