Home > 山菜 > 干しワラビの作り方

干しワラビの作り方

干しワラビ

アク抜きしたワラビを天日でカリカリになるまで乾燥させました。生のワラビとはまた違った味と食感が楽しめます。保存も出来ます。

干しワラビ

材料

ワラビ 1束  200~250g
30g
熱湯 1L

【関連リンク】
ワラビのレシピ
乾物のレシピ





干しワラビの作り方

ワラビは穂先部分を取り除き、根元の方を1cmくらい切り落とします。穂先はアクが強く、食べた時ボソボソするので取り除きます。
根元の部分は1cmくらい切り、新しい切り口に灰を付けます。
鍋に1リットルお湯を沸かし(重曹の場合は2L)、グツグツと沸騰したらワラビを入れ、その後すぐに灰を振り入れ、20秒くらい軽く茹でます。ワラビの太さや、新鮮さによって茹でる時間が変わります。柔らかくなり過ぎないように、1本取って水で冷まして柔らかさを確認してください。ちょっと固いかな?くらいがいいです。
ワラビが浮かんでこないように、軽い重しをして、そのまま一晩おいておきます。
一晩置いた状態です。
濁った水を捨て、綺麗な水をたっぷり入れ、一晩水に晒します。
翌日、ワラビが重ならないようにザルなどに広げ、カリカリになるまで乾燥させます。

完成

干しワラビの完成です。
干しワラビの戻し方

Home > 山菜 > 干しワラビの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報