Home > スキレット > スキレットで海老の燻製アヒージョ

スキレットで海老の燻製アヒージョ


海老に熱燻製でサッと煙の風味をつけてマッシュルームとアヒージョにしました。使った道具はLODGEの8インチスキレットとツーバーナー、そしてWOOLRICH 12インチダッチオーブンです。マッシュルームは切らずに丸ごと使っています。

海老の燻製アヒージョ

スキレット 8インチ
直径 約20×深さ4cm 2~3人分

ブラックタイガー 10尾
ソミュール液 200cc
500cc
マッシュルーム 6個
適量
にんにく 2欠
オリーブオイル 適量
鷹の爪 3本
パセリ 適量
適量

使用した道具
LODGE 8インチスキレット
WOOLRICH 12インチダッチオーブン
コールマンツーバーナー
スモークチップ(ヒッコリー)

所要時間 約30分

【関連リンク】
ダッチオーブンのレシピ
スキレットのレシピ
エビのレシピ
燻製



海老の燻製アヒージョの作り方

今回のアヒージョの材料です。具はブラックタイガーとマッシュルームだけです。。
ニンニクはスライス、マッシュルームは丸ごと使います。

作り方の手順

今回のメインの材料ブラックタイガーです。冷凍ものですので水にさらして解凍します。
今回使ったものは背に切れ目の入っているもので、殻が簡単に剥けました。しかも背ワタもほとんどないため下処理がとても簡単です。
殻を剥いたら6倍(ソミュール1:水5)に薄めたいつものソミュール液に一晩漬け込みました。
ソミュール液から取り出したらキッチンペーパーで水分を拭き取り網に並べて風乾燥します。
表面の水分が飛ぶ程度ですので、扇風機で30分程度です。
今回の燻製は12インチのWOOLRICHダッチオーブンを使いました。
アルミホイルで皿を作り、ウッドチップとピートを入れてコンロに火をつけます。
ダッチオーブンは鉄板が厚いためチップから煙が立つまで時間がかかります。
煙があがったら網にのせた海老をセットし、蓋をします。
右の画像は蓋をしてから3分後の状態です。
3分たったらダッチオーブンを火から外します。
しかし、蓋は取りません(さっき中を確認しましたが、直ぐに蓋を戻します。)

後は余熱で火が通りますし、煙も乗りますのでこのまま5分放置します。
5分後蓋を取った状態です。

海老に火も通り、煙の風味もしっかりついています。
スキレットにオリーブオイルを入れて熱します。

下に写っているコンロはコールマンのツーバーナーです。
油が温まってきたらニンニクスライスと鷹の爪を投入。

油の温度があがり過ぎないように弱火でじっくり火を通します。

ニンニクの香りがしてきたら次の工程に移ります。
燻製したエビ、マッシュルームを投入します。

すでにエビは火が通っていますし、マッシュルームは生でもOKなので、ここでは火を通すというより温めるという感じで短時間で完成です。

完成

最後に刻んだパセリをちらして完成です。

燻製とオリーブオイルは相性が良く、とても美味しくできました。

Home > スキレット > スキレットで海老の燻製アヒージョ




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報