Home > スキレット > スキレットで海のパエリア

スキレットで海のパエリア


前回ダッチオーブンで作ってみたパエリアですが、今回はスキレットを使っていました。コールマンのツーバーナーを使用しているので下火だけで加熱。ダッチオーブンより取り回しが楽なので手軽に作れます。

パエリア

スキレット 10インチ
直径 約27.5×深さ5cm 4人分

2合
400cc
サフラン 適量
適量
ブラックペッパー 適量
コンソメ(固形) 2個
にんにく 2欠
オリーブオイル 適量
有頭エビ 5尾
あさり 適量
イカ 半分
パプリカ赤 半分
パプリカ黄 半分

使用した道具
コールマン スキレット
コールマンツーバーナー

所要時間 約1時間30分

【関連リンク】
スキレットのレシピ
魚介類のレシピ
野菜のレシピ
ご飯物のレシピ



パエリアの作り方

今回のパエリアの材料です。
海老は有頭えびを使いました。見た目の豪華さもアップしますしダシも良く出ます。

作り方の手順

まずは米を軽く研いだらザルにあけて水を切っておきます。
サフランを一つまみ、400ccの水にパラパラと入れておきます。徐々に水に溶けだし黄色く色づいていきます。ご飯を炊くときの水に使いますので、ここでは色づくのを待ちながら放置しておきます。
スーパーで購入した時点で砂抜き済みでしたが念のため、30分ほど塩水につけておきました。
イカは胴体の部分の半分を使いました。切り方は簡単に輪切りです。
有頭えびの下処理です。まずは頭としっぽの部分を残し殻を剥きます。
海老の背中の中心に包丁を入れます。
包丁を入れた部分から背ワタを取ります。つまようじを使うと簡単に取れます。
足を切り取っておいた方が食べやすくなります。
調理に使ったのはコールマンツーバーナーとスキレットの組み合わせです。ツーバーナーは20年前に購入したものですが、今も変わらず現役です。
熱したスキレットにオリーブオイルを敷き、スライスしたニンニクを炒めます。
にんにくの香ばしいかおりがしてきたらエビとイカを投入し炒めます。塩、ブラックペッパーで軽く味付けしておきます。
さらにスライスしたパプリカも投入。サッと炒めます。
エビイカ、パプリカを一旦ボールなどに取り置きします。かわりにアサリを白ワインで蒸し焼きにします。アサリの口が開き始めたら、先ほどと同じようにボールなどに取り置きします
再度スキレットにオリーブオイルを入れ、今度は研いでおいた米を投入します。全体にオリーブオイルが馴染むように混ぜながら炒めます。
ここで準備しておいたサフラン水を投入します。
同時にコンソメも投入。コンソメが溶けて均一になるまでゆっくりかき混ぜ、その後、スキレットに蓋をして10分ほどおきます。
10分ほどたった時点で具材を追加するために蓋を取ります。ご飯はまだ炊けていません。
ここで最初に準備しておいた材料をご飯の上に並べます。出来上がりの状態を考えながらきれいに材料を配置します。
スキレットに蓋をして火力は中火~弱火で10~15分です。最後はご飯の状態を見ながら完成をまちます。隣のダッチオーブンではソーセージの燻製をつくる準備をしています。

完成

完成です。
このままテーブルに出します。後はスキレットから取り分けて頂きます。

Home > スキレット > スキレットで海のパエリア




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報