Home > 漬物 > 麹漬け > 胡瓜の三五八漬けの作り方

胡瓜の三五八漬けの作り方

胡瓜の三五八漬け

三五八漬けは、塩3:米麹5:蒸し米8の割合で漬けるところから"三五八漬け"という名前がついたと言われています。

胡瓜の三五八漬け

材料

 200g
米麹 100g
50g

※塩3、麹5、米8、の割合で混ぜ合わせて作るから三五八漬けなんですが、この割合だと少し塩辛く出来上がるので、今回は塩分控えめで塩1、麹2、米4の割合で作ってみました。

【関連リンク】
胡瓜のレシピ
麹のレシピ
麹漬けのレシピ




三五八漬けの作り方

炊いたご飯を、60℃くらい(指を長く入れて居られない程度)まで冷ましておきます。
冷めたご飯と米麹を混ぜ合わせ、甘酒を作る方法と同じく麹を発酵させます。
55℃~60℃位で約8時間くらい発酵させます。
8時間保温したものです。これに塩を加え1週間~10日ほど寝かせます。
胡瓜は洗って、水気を取りそのまま三五八床に入れます。翌日から食べれるようになります。

完成

三五八の床が出来てすぐ漬けると、甘みが少なく塩辛いだけの漬物になってしまいますので、野菜くずなで2~3回漬けてから本漬けをした方がおいしく出来上がります。

Home > 漬物 > 麹漬け > 胡瓜の三五八漬けの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報