Home > 和菓子 > 求肥 > 求肥の作り方 (茹で練り)

求肥の作り方 (茹で練り)

求肥 (茹で練り)

粉に水を加えこねた種を、茹でてから砂糖を数回に分け加えながら練り上げる方法です。

求肥 (茹で練り)

材料 大福2個分

もち粉 25g
砂糖 10g
ぬるま湯   35cc

白玉粉で作る場合は、水 50ccで作ります

【関連リンク】
もち粉のレシピ
求肥の作り方



求肥の作り方 (茹で練り)

バットに片栗粉やコーンスターチをまぶしておきます。
ボールにもち粉を入れ、水を少しずつダマにならないように混ぜていきます。
粉の様子を見ながら水を加え、耳たぶくらいの柔らかさにまとめます。まとまったら適当な大きさに分け、丸めて円形状に伸ばしておきます。
少し水を残します。
残った水に砂糖を加え、溶かしておきます。
フライパンでお湯を沸かし、沸騰したら円形状に伸ばした種を入れ茹でます。火が通り浮かんできたら、お湯を捨てます。
茹で上がったら、フライパンのお湯を捨て、超弱火で求肥が一つになるように練り上げます。
砂糖を溶かしておいた水を、数回に分けて練り上げていきます。
砂糖を入れた直後は分離したようになりますが、練っていくうちにひとまとまりになってきます。まとまってから次の砂糖を入れます。
砂糖を溶かした水を全部入れ終わった状態です。
片栗粉またはコーンスターチを振るっておいたバットの上に出し、全体に片栗粉をまぶし、好みの形に伸ばしたり、切り分けたりします。

完成

求肥の完成です。
【水練り】:水でもち粉や白玉粉をとき、火の上で練ってから砂糖を加える方法。
【蒸し練り】:水でもち粉や白玉粉をとき、蒸してから砂糖を加えて練る方法。
【茹で練り】:水でもち粉や白玉粉をとき、種を茹でてから砂糖を加えて練る方法。(wikipediaより)
求肥の作り方には水練り、茹で練り、蒸し練りがあるようなので、それぞれの作り方で作ってみました。
左上の薄い青が水練り、右上のピンクが蒸し練り、真ん中のが電子レンジ、右下の薄い緑が茹で練り、左下の薄い黄色が求肥に水飴を加えて作る羽二重餅です。茹で練りで作った求肥は、他の作り方で作った求肥と比べてコシ?が少なかったように感じました。

Home > 和菓子 > 求肥 > 求肥の作り方 (茹で練り)




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報