Home > 和菓子 > 饅頭 > 黄身しぐれの作り方

黄身しぐれの作り方

黄身しぐれ

白漉し餡に卵黄入れて生地を作り、餡子を包んで蒸したお菓子です。ひび割れしていますが、これは失敗じゃありません。このひび割れが黄身しぐれの特徴になります。

黄身しぐれ

材料 3個

白餡 75g
漉し餡 30g
卵黄  3~4g
上新粉 1g
もち粉 2g
食紅 (赤) 少々

【関連リンク】
上新粉のレシピ
もち粉のレシピ
饅頭・蒸し菓子のレシピ



黄身しぐれの作り方

餡子を作る個数分丸めておきます。
漉し餡の作り方
白漉し餡を鍋に入れ、暖めます。
白漉し餡の作り方
白漉し餡が温まってくると、柔らかくなってきます。柔らかくなったら火を止めます。
柔らかくなった白漉し餡の一部を、卵黄と混ぜ合わせます。
卵黄と白漉し餡が混ざり合ったら、残っている白漉し餡と合わせます。全体が混ざり合ったら、超弱火で水分を飛ばしていきます。生地を手の甲などに付けて見て、くっつかない程度まで水分を飛ばします。
生地の水分が飛んだらボールに入れ、冷ましておきます。黄身餡の完成です。
黄身餡が覚めたら、上新粉、もち粉と合わせます。
全体に粉類が混ざったら、赤い色を付ける分 10gくらいを取り分け、残りの生地を個数分に丸めておきます。粉を混ぜてからは、生地が乾きやすくなっていますので、生地にサランラップなどを被せた方がいいです。
分けておいた 10gくらいの生地に食紅 (赤)を混ぜ、個数分に分けて丸めておきます。
色の付いていない生地の上に、赤く色を付けた生地をのせ、最後に漉し餡を載せ包みます。
蒸気の上がっている蒸し器に乾いた布巾を敷き、その上にキッチンペーパーを敷きます。その上に黄身しぐれを閉じた方を下にして置き、強火で6~7分蒸します。
蒸す時に雫が落ちないように、蓋にも布巾を被せて蒸します。

完成

黄身しぐれの完成です。

Home > 和菓子 > 饅頭 > 黄身しぐれの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報