Home > 洋菓子 > ケーキ > アメリカン 苺のショートケーキの作り方

アメリカン 苺のショートケーキの作り方

アメリカン 苺ショートケーキ

アメリカのショートケーキは、スポンジケーキではなく、「ビスケット」と呼ばれるパンとケーキの中間のような生地に、果物と生クリームを挟んだもののようです。

アメリカン 苺のショートケーキ
材料 9cmのセルクル 2個
苺 1パック 200g
苺用 砂糖 20g
苺用 キルシュワッサー  小さじ1/2
生クリーム 50cc
生クリーム用 砂糖 5g
バニラエッセンス 数滴
薄力粉 50g
強力粉 50g
ベーキングパウダー  小さじ1
ケーキ用マーガリン  20g
ケーキ用 砂糖 15g
ケーキ用 塩 少々
ケーキ用 生クリーム 50cc
1/2個
中ざらめ又はグラニュー糖 大さじ1/2

【関連リンク】
苺を使ったレシピ
ケーキのレシピ
洋菓子のレシピ
果物の一覧






苺のショートケーキの作り方
苺は水で洗ってヘタを取り、縦3等分くらいに切ります。ボールに切った苺と砂糖、ルシュワッサーを入れ混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やしておきます。

※キルシュワッサーはサクランボを醗酵させ、6週間前後寝かせた後に蒸留した、蒸留酒です。
ボールに卵、ケーキ用生クリーム、砂糖、塩を入れ、よく混ぜ合わせておきます。
中ザラメをミルサーで粉砕しておきます。

※グラニュー糖を使う場合は、この作業は必要ありません。
ボールに薄力粉とケーキ用マーガリンを入れ、泡だて器きでマーガリンを潰すようにして、薄力粉に混ぜます。
マーガリンがポロポロとした粒状になったら、卵と生クリームを混ぜ合わせた液を加え、菜箸で一塊になるまで混ぜ合わせます。
一塊になった生地を半分に分け、セルクル(型)に入れ形を整えます。形を整えた生地をセルクルから抜き、上に粉砕したザラメを振り掛けます。天板にクッキングシートを敷き、オーブンを余熱して230℃で10~12分焼きます。

※我が家のオーブンは、余熱出来る温度が最高200℃までなので、200℃で余熱してから230℃で焼きました。
ボールに生クリームと砂糖、バニラエッセンスを入れ、角が少し曲がるくらいの固さに泡立てます。
焼きあがったビスケットは、粗熱を取ってから上1/3のところで切り、蓋を作ります。切ったビスケットに、苺とシロップを飾ります。その上に泡立てた生クリームを乗せ蓋を被せます。

完成

アメリカン 苺のショートケーキの完成です。

※苺のシロップが染込んで下の生地は柔らかく、蓋の部分がサクサクでとてもおいしかったです。

今回アメリカン ショートケーキを作るにあたって、アメリカ南部の家庭料理さんを参考にさせていただきました。ありがとうございます。

Home > 洋菓子 > ケーキ > アメリカン 苺のショートケーキの作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報