アイナメ (アブラメ)のから揚げ

アイナメを骨切りにしてボリュームを出し、下味を付けてから揚げにしました。揚げたては、表面があカリっと中フワフワでおいしかったです。

アイナメ (アブラメ)のから揚げ


材料
アイナメ  半身
醤油:酒:みりん  1:1:1
片栗粉 適量

【関連リンク】
アイナメ・アブラメを使ったレシピ
魚介類のレシピ





アイナメ・アブラメの捌き方

アイナメの鱗を丁寧に取り除きます。
胸ヒレの後ろ(尾の方)を通るように、エラに沿って切れ目を入れます。
逆側も同じように切れ目を入れ、中骨の部分も切り落とします。
頭を切り離しながら、内臓も引き出します。
内臓が入っていた部分を包丁で切り裂きます。
内臓があった部分の、中骨の所に血合いがあるので、包丁で切れ目を入れてから、使い古した歯ブラシなどを使って綺麗に取り除きます。
腹側の身を中骨に沿って剥がします。
尾の部分に切れ目を入れます。
背中側の身を中骨に沿って剥がします。
切り残した中心部分の身を剥がします。
2枚おろしの完成です。
尾の部分に切れ目を入れます。
反対側の身えお切ります。背中側の身を中骨に沿って、数回に分けて包丁を入れ、半身を剥がします。
3枚おろしの完成です。
内臓があった部分の腹骨を、包丁で削ぎ落とします。
骨切りにします。
2~3mmくらいの幅で、皮ギリギリのところまで包丁を入れます。

※アイナメは皮が固いので、包丁が少し当たったくらいでは切れにくいので、やり易いと思います。
骨切りし終わったら、一口大の大きさに切り分けます。
調味料に入れ、軽く混ぜ合わせます。
キッチンペーパーで余分な水分を取り除きます。
ビニール袋に片栗粉とアイナメを入れ、シャカシャカとシャイクして片栗粉をまぶします。
余分な片栗粉を落として、170℃くらいの油でカラッと揚げます。

※170℃は箸を入れた時、箸の先から小さな泡が出るくらいです。

完成

アイナメのから揚げの完成です。