ボラのさんが焼き

切り身に香味野菜と味噌を加え、粘りが出るまで叩いて作った「なめろう」を、紫蘇で挟んで焼いたものが「さんが焼き」です。今回はボラの身で作ってみました。

ボラのさんが焼き

材料

ボラ 半身
青紫蘇  4枚
生姜 5g
刻みネギ 15g
味噌 15g
サラダ油 適量

【関連リンク】
ボラのレシピ
紫蘇のレシピ
生姜のレシピ




ボラのさんが焼きの作り方

ボラを捌きます。
頭部から腹ヒレに向かって包丁を入れます。
上下をひっくり返して、同じ様に腹ヒレから頭部に向かって切れ目を入れ、頭を落とします。
肛門まで包丁を入れ、内臓を取り出し、流水で綺麗に洗い流します。
内臓を取り出したら、中骨に沿って尾まで切れます。
尾の部分に切れ目を入れ、そのまま背中側に包丁を回し、中骨に沿って身を切ります。
二枚おろしの完成です。
中骨を下にして置き、中骨に沿って背中側の身を切ります。
尾の部分に切れ目を入れ、そのまま腹側に包丁を回し、中骨に沿って腹側の身を切ります。
三枚おろしの完成です。
腹骨を包丁を寝せてそぎ取ります。
皮を剥ぎ、適当な大きさに切ったら、ネギと味噌を加え叩きながら和えていきます。
粘りが出るくらいまで叩きます。「なめろう」の完成です。
出来上がったなめろうを紫蘇で挟みます。
サラダ油をひいて、両面に少し焦げ目が付く位まで焼きます。

完成

ボラのさんが焼きの完成です。