ホタテの捌き方

活ホタテの殻の開け方です。


材料
ほたて  適量
適量

【関連リンク】
ホタテを使ったレシピ
魚介類のレシピ





ホタテの捌き方

ホタテには平らな方 (表)と、深く丸みのある方 (裏)があります。

※今回素手でやっていますが、貝の淵で手を切る危険性があるので、軍手などを使うといいです。
平らな方を上にして持ちます。右側に少し隙間が開いている部分があるので、そこにフォークなどの平らな物を差し込みます。差し込んだら、上の貝の内側に沿うようにして、フォークを動かします。
蓋が少し開いたら、上の貝に付いているヒモと貝柱を切り離します。離れたら蓋を取り除きます。
ホタテの部位の名前です。ウロ以外は食べることが出来ます。
ホタテを捌いて行きます。

上のヒモを手で引っ張って取り外します。
下のヒモも取り外します。
フォークを貝の内側に沿うようにして動かし、貝柱を切り離します。
取れたら、卵巣とウロの部分を手で外します。
綺麗に貝柱だけになりました。
外したばかりのヒモは、ヌメリと黒い汚れが付いています。
ヒモに塩を少しかけて、2~3回手でもみ洗いします。
汚れとヌメリが綺麗に取れました。ヒモはそのままでも、コリコリしておいしいです。

完成

貝柱は、好みの厚さにで、横に切ります。