イワシのフライ (手開き)

イワシは漢字で書くと「鰯」、魚編に弱いって書きます。漢字からも分かるように、イワシはとっても身が柔らかいので、手で捌くことが出来ます。今回は、手で捌いたイワシをフライにしました。

イワシのフライ (手開き)


材料
イワシ  適量
  1個
薄力粉 少量
パン粉 少量

【関連リンク】
イワシを使ったレシピ
魚介類のレシピ





イワシのフライ (手開き)の作り方

包丁を尾の方から頭に向けて動かし、ウロコを取ります。
胸ヒレの後ろ(尾の方)に包丁を入れ、頭を落とします。
頭を切り落とした所から肛門まで斜めに包丁を入れ、内臓を取り除きます。
内臓と中骨のところにある血合いを、水で綺麗に洗い流します。
中骨に沿って、親指で身を剥がしていきます。

※包丁で捌く場合は、中骨の上にの包丁を入れ、背中側の身を少し残して、中骨に沿って身を切ります。
中骨を持って、ゆっくり剥がします。

※包丁を使う場合は、中骨の下に包丁を入れ、包丁の刃を少し上に向け、中骨に当てながら水平に動かし、骨を取り除きます。
内臓があった所にある腹骨を、包丁で薄くそぐ様に切り落とします。
捌いたイワシに軽く、塩・コショウで下味を付けます。
薄力粉をまぶします。
余分な薄力粉を手で叩いて落とし、溶き卵を絡めます。
パン粉を全体にまぶします。
キツネ色になるように、イワシを揚げます。

完成

イワシのフライの完成です。