ウスバハギは、フグ目カワハギ科ウスバハギ属で、体長の厚みがなく、薄っぺらな形をしています。
 ウマヅラハギは、フグ目カワハギ科ウマヅラハギ属で、名前のとおり馬のような長い顔。目の上にあるトゲが目の真上では無く、やや後方に付いている。
 カワハギは、スズキ系フグ目カワハギ科カワハギ属で、菱形で上下に平たい形をしている。
 関東ではウマヅラハギに対して「本皮」と呼ばれて希少種になり、値段も高くなるようです。