鮭の切り身に軽く塩を振って下処理をし、練り合わせた粕床に3日間漬けて、グリルで焼きました。身が締まり、酒粕の風味がしっかり染み込んで、美味しく仕上がりました。

鮭の粕漬け

材料

鮭の切り身  5切れくらい
適量
酒粕 35g
味噌 10g
砂糖 30g
みりん 大さじ1

【関連リンク】
鮭のレシピ
粕漬けのレシピ



鮭の粕漬けの作り方

酒粕、味噌、砂糖、みりんを混ぜ合わせて粕床を作ります。味噌を少し加えることによって、柔らかい味になります。
切り身に塩を軽く振り、15分くらい冷蔵庫に入れておきます。塩を振る事で、余分な水分と臭みが取れます。
表面に浮いてきた水分を、キッチンペーパーで綺麗に拭き取ります。
容器に粕床を薄く塗ります。
薄く塗った粕床の上にガーゼを敷きます。鮭を並べ入れてガーゼ、残りの粕床の順で重ねます。冷蔵庫で2~3日漬けておきます。ガーゼを使うと、鮭に粕床が付かないので、焼くときにそのまま焼くことが出来ます。
3日後です。取り出して焼きます。

完成

鮭の粕漬けの完成です。