トビウオの刺身

胸ビレを大きな羽のように広げ、海面を飛ぶことから「飛魚」という名前が付いたようです。

トビウオの捌き方


材料
トビウオ  1匹

【関連リンク】
トビウオを使ったレシピ
魚介類のレシピ





オビウオの捌き方

トビウオのウロコを綺麗に取り除きます。
トビウオの胸ヒレの後ろから頭に向かって包丁を斜めに入れ、中骨まで切り込みを入れます
トビウオを手前に転がし、同じ様に胸ヒレの後ろから包丁を入れ、頭を切り落とします。
腹ビレを包丁の根元の部分を使って切り落とします。

※キッチンバサミを使うと楽に落とせます。
落とした頭の方からトビウオの肛門まで包丁を入れ、内臓を取り出します。
内臓を取り出したら、残っている血合いを綺麗に洗い流します。
大名おろしにします。
頭の方から中骨に沿って包丁を入れます。
※大名おろしとは、中骨にたくさん身が残ってしまう贅沢な切り方なので、そう呼ばれているようです。
2枚おろしの完成です。
中骨を下にしておき、同じ様に中骨に沿って包丁を入れます。
大名おろしの完成です。
腹ビレがあった部分にまだ軟骨が残っているので、包丁の角を使って取り除きます。
内臓が入っていた部分の腹骨を、包丁を寝せながらそぎ落とします。
皮を剥ぎます。
皮と身の間に包丁を入れ、左手で皮をしっかり押さえながら包丁を滑らせ、皮を剥ぎます。

完成

トビウオの刺身の完成です。