おみ漬け

おみ漬けは青菜漬けと同じく、山形の有名な郷土料理です。我が家では、細めの山形青菜や収穫のときに折れてしまった葉を刻んでおみ漬けにしています。

おみ漬け

材料

山形青菜  500g
大根 150g
人参 65g
塩漬け紫蘇の実 20g
塩:
   野菜の合計の2~3%
醤油 50cc
ザラメ 25g

【関連リンク】
醤油漬けのレシピ
野菜のレシピ
東北地方の郷土料理



おみ漬けの作り方

塩漬け紫蘇の実は、一晩水に晒し塩抜きをし、しっかり水分を切って使います。
紫蘇の実の塩漬けの作り方
山形青菜は水で洗い、1cmくらいの大きさに切ります。大根、人参は皮を剥き、いちょう切りにします。
山形青菜、大根、人参、紫蘇の実の総重量の2%の塩を入れ、汁がでるまで揉み合わせます。紫蘇の実を使わない場合は、3%の塩を加え揉み合わせます。
漬物容器に入れ、一晩つけます。翌日、漬けて出た水分を全部捨て、軽く水洗いをします。水洗いした後しっかりと絞ります。事前に醤油にザラメを加え、火にかけてザラメを溶かし冷ましておいたタレを加え、半日~1日漬けて完成です。水洗いすることで、青臭さが無くなります。ビニール袋に入れておくと漬かりが早くなります。

完成

おみ漬けの完成です。多めに漬けて一回分ずつビニール袋に詰め、空気をしっかり抜いて冷凍保存すると、いつでもおいしく食べることが出来ます。