枝豆を茹でて殻から豆を取り出し、フードプロセッサーでペースト状にし、豆乳と合わせてにがりで固めました。とっても柔らかくて、しっかり枝豆の味がする枝豆豆腐が出来ました。

枝豆豆腐

材料

茹でて剥いた枝豆 500g
豆腐も作れる無調整豆乳  900cc
にがり  豆乳の1%
適量

生の枝豆を茹でて剥いたら、約半分の重さになりました。

【関連リンク】
枝豆のレシピ
大豆のレシピ



枝豆豆腐の作り方

たっぷりのお湯に塩を適量入れ、枝豆が柔らかくなるまで茹でます。
茹で上がったら冷水に浸け、枝豆を冷やします。
鞘から豆を取り出します。薄皮も取り除きます。
フードプロセッサーで枝豆をすり潰し、豆乳を加えてよく混ぜ合わせます。
すり鉢で潰した時の画像です。
こし布で絞ります。にがりの分量を決めるため、取れた豆乳の量を正確に計っておきます。
豆乳にサランラップかけ、冷蔵庫でしっかり冷やします。
表面に残っている泡を、キッチンペーパーなどを使って綺麗に取り除き、にがりを加えてよく混ぜ合わせます。
今回使った原液タイプのにがりでです。100mlあたりの成分表示がマグネシウム4600mg、ナトリウム2900mg、カリウム3600mgのものです。一口ににがりといってもかなりの種類が有り、濃度もまちまちで、マグネシウムの量が4000ml~6000ml前後と物によってはかなり違いが有りま す。使用するにがりの濃度によって使う量も変わってきますので注意してください。
蒸し器にセットして、蒸気が上がってから15分くらい加熱します。蒸し器の上に割り箸を置き、熱が均等に行き渡るようにしました。
蒸し器の蓋には、雫が豆腐に直接落ちないように、布巾などを被せます。
水に30分程度、冷水に晒して完成です。とても柔らかいですので、注意して取り出します。

完成

枝豆豆腐の完成です。