ライ麦を10%加えたライ麦生地に、鉄分の豊富のプルーンとレーズンを生地の半分以上の加えて焼きました。

レーズンとプルーンのライ麦パン

材料 約120g×4個分

Baker'%
強力粉 63% 126g
薄力粉 27% 54g
ライ麦(中挽) 10% 20g
砂糖 3% 6g
ドライイースト 1.2% 2.4g
1.6% 3.2g
65%  130cc
プルーン 40% 80g
レーズン 40% 80g

【関連リンク】
フランスパンのレシピ
プルーンのレシピ
ブドウのレシピ



工程 ストレート法

捏ね ホームベーカリー
20分
一次発酵 1回目 2倍
30℃ 60分
一次発酵 2回目 2倍
30℃ 40分
ベンチタイム
20分
成形
俵型
最終発酵 スチーム
35℃ 40分
焼成
余熱 250℃
230℃ 8分
210℃ 15分

レーズンとプルーンのライ麦パンの作り方

半生の種なしプルーンは好みの大きさに切っておきます。
ホームベカリーで生地を作ります。パンケースにプルーンとレーズン以外の材料を入れ、生地コースで20分くらい捏ねます。捏ね終わったら油脂を塗った発酵容器に入れ、30℃で60分発酵させます。発酵が終わったら発酵容器から生地を取り出し、適当な大きさに伸ばし、プルーンとレーズンを乗せます。
レーズンとプルーンを巻き込むようにクルクルと巻き込みます。
再度発酵容器に入れて、材料の総量の501.6gの2倍、1003㏄になるまで30℃で発酵させます。今回は40分かかりました。
発酵が終わったら、生地を4つに分けます。カットした面を中に巻き込むように生地を軽く丸め、乾燥しないようにして20分くらい生地を休ませます。
ベンチタイムが終わったら、生地を楕円形に伸ばし、クルクルと巻いて俵型に成形します。高湿度になるようにして35℃で40分発酵させます。40分後オーブンから取り出し、250℃で余熱開始します。余熱している時間、室温でそのまま発酵させておきます。
余熱時間が終わったらクッキングシートに移し、230℃で8分、210℃に下げて15分、焼き色を見ながら焼きます。

完成

レーズンとプルーンのライ麦パンの完成です。
レーズンとプルーンがギッシリ!