アク抜きに失敗したワラビ

ワラビのアク抜きで、重曹や灰が少なくて苦いワラビになってしまった時の、リカバリーの方法です。

アク抜きに失敗したワラビを復活させる方法

材料

失敗わらび  200g
 わらびの重さに対して30%
差し水 50cc

【関連リンク】
ワラビのレシピ
山菜のレシピ





アク抜きに失敗したワラビを復活させる方法

アク抜きの失敗例です。バットにワラビを並べ、灰 (一握り10g?)をまぶし、熱湯をかけ重石を乗せました。
翌日、アクで水が黒くなってたので成功かな?って思って、食べてみたら苦い!!とりあえず、キレイな水に取り替えて、一晩水に晒しました。(途中、数回水を替えました)翌日、少し期待しながら食べたけど、やっぱり苦い!どうしたものかと考えて、ふと思いついたのが、塩漬けにすればいいんじゃない?生のワラビはそのまま塩漬けにするよね?なら同じだよね?ってことで塩漬けにしました。
水に晒していたワラビを、表面を少し乾燥させるため、半日くらい影干しして、わらびの重さを量り、塩の量を決めます。密封できる袋にワラビと塩を入れ、冷蔵庫で1ヶ月漬けました。
1ヶ月経ったワラビです。
ワラビを袋から出し、表面に付いている塩を洗い流します。鍋にたっぷりの水とワラビを入れ、中火で65℃になるまで温めます。鍋のまわりに小さな気泡が付き始めるくらいです。
温めたお湯に流水を少しずつ加え、そのまま一晩流水で晒し、塩抜きをします。

完成

塩抜きし終わったワラビです。シワが寄っていたワラビが、少しふっくらと戻りました。同じように、失敗したワラビを醤油に漬けてもいいらしいですが、まだ試してませんので、いつかやってみたいと思います。
塩抜きしたワラビを、油揚げと一緒に油炒めにして食べました。ちゃんと苦味も塩気も取れておいしかったです。