皮を剥いて銀杏切りにしたカブと、塩こんぶを保存袋に入れて、冷蔵庫で一晩寝かせて置くだけ!

カブの塩こんぶ漬け

材料

カブ 3個  710g
16g
減塩こんぶ 20g

【関連リンク】
カブのレシピ
浅漬けのレシピ



カブの塩こんぶ漬けの作り方

カブは皮を剥き、銀杏切りにします。葉の部分は4~5cmくらいの長さになるようにカットします。切った材料を保存袋に入れ、重さを量って、塩の分量を計算します。
今回使った減塩こんぶです。1g当たり、食塩相当量が0.1gと表記されていたので、20gだと2gになります。カブの重さが710gだったので、710×2.5%=17.75の塩が必要になりますが、塩こんぶに2g入っているので15.75g=16gの塩を用意しました。
塩こんぶと塩を保存袋に入れ、よく振って混ぜ合わせます。
混ざり合ったらストローで空気を抜きます。1時間くらいするとカブが柔らかくなり、隙間ができるようになるので、再度空気を抜き、冷蔵庫で一晩漬けます。

完成

カブの塩こんぶ漬けの完成です。
説明動画も作ってみました。