寒漬け

干し大根を刻んで、調味料に漬けるだけで出来る、簡単な浅漬けです。寒漬は、宮崎県や熊本県芦北・水俣地方の特産品の大根を使って作る漬物のことで、真冬の寒風にさらした大根を加工して作るので、「寒漬け」と呼ばれているそうです。
※本来は、干した大根を塩漬けにし、2週間くらい寒風で干したものを、塩抜きしてから使うようです。
寒漬け

材料
干し大根  500g
醤油 150cc
 100cc
みりん 100cc
砂糖 50cc
刻み昆布 5g
スルメ 5g
鷹の爪 1本

【関連リンク】
大根を使ったレシピ
醤油漬けのレシピ
漬物のレシピ
野菜のレシピ





寒漬けけの作り方
程よく干された干し大根です。水でさっと洗い、輪切りに切ります。
切り昆布を、軽く水で洗い適当な長さに切ります。ボールに大根以外の材料を全て入れ、よく混ぜ合わせます。

スルメの作り方
混ざり合った調味料に、輪切りにした干し大根を入れ、サランラップで密封して冷蔵庫で2~3日漬けます。


完成
寒漬けの完成です。

※半日くらいから食べれるようになりますが、2~3日くらい漬けたほうが味が馴染んでおいしかったです。

今回、寒漬けを作るにあたって、まごころ庵さんを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。