Home > 魚介類 > 筋子の作り方 (塩漬け)

筋子の作り方 (塩漬け)

筋子 (塩漬け)

生筋子から手作りの筋子を作ってみました。一見難しそうですが、作ってみるといくらを作るのと手間はあまり変わりませんでした。生筋子の卵をバラバラにすればいくらになります。筋を残したまま塩、または醤油で味を付ければ筋子になります。

筋子 (塩漬け)
材料
生筋子 適量
塩:
    筋子の重さに対して7%

飽和水
1L
 10g

【関連リンク】
鮭のレシピ






筋子 (塩漬け)の作り方

1リットルの水に10%の塩(10g)を溶かし飽和水を作っておきます。
準備しておいた飽和水に生筋子を入れ、表面と中を綺麗に洗います。
洗った生筋子はザルにあげ、30分くらい水を切ります。
容器に生筋子と生筋子に対して7%の塩を入れ、全体に塩をまぶしつけます。
塩をまぶした生筋子は、30分間くらい静かにおいておきます。
漬けておいた生筋子は少し硬くなっています。
水分が少し出ていますので、切れ目を下にしてザルにおき、水気を切ります。
キッチンペーパーの上に筋子を乗せます。
筋子の上にと同量の重しを載せ、1日冷蔵庫で水分をとります。翌日に完成します。少し寝かせておいたほうが、塩が馴染んで熟成されます。

完成

鮭には寄生虫がついているといくらの醤油漬けでも書きましたが、筋子も同じで万全を期すために出来上がった物を、一度冷凍してから食べるようにします。
寄生虫のアニサキスは、-20℃以下で24時間冷凍することにより、死滅するそうです。
筋子の醤油漬けの作り方
いくらの醤油漬けの作り方

Home > 魚介類 > 筋子の作り方 (塩漬け)




最近のブログ記事
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報