Home > 果実酒 > さくらんぼ酒の作り方

さくらんぼ酒の作り方

さくらんぼ酒 (サミット)

さくらんぼ (サミット)を頂いたので果実酒にしてみました。サミットは同じ黒褐色したアメリカンチェリーよりも大粒で、皮もやわらかく、甘みも強いさくらんぼです。とっても肉厚で食べ応えがあります。

さくらんぼ酒 (サミット)

材料

さくらんぼ 500g
氷砂糖 100g
ホワイトリカー 35度  900cc

※2リットル以上の容器が必要になります。

【関連リンク】
さくらんぼを使ったレシピ




さくらんぼ酒の作り方

保存ビンがゆったり入るくらいの大きな鍋に、たっぷりの水を入れ保存ビンを沸騰します。

※沸騰したお湯に入れると、割れる場合があって危険ですので、必ず水から入れてください。
保存容器を煮沸消毒する方法
さくらんぼは水で軽く洗います。
洗ったさくらんぼの茎を取り、キッチンペーパーでキレイに水気を拭き取ります。
煮沸消毒した保存ビンに入れ、氷砂糖とホワイトリカーを加えます。

保存

さくらんぼは漬けてから2ヵ月後に引き上げます。飲み頃は、さくらんぼを引き上げてから、1ヵ月後くらいからだそうです。
浸けてから2ヵ月後に実を引き上げる予定でしたが、気が付けば既に半年が過ぎていました。とりあえず、実を取り出し試飲。「ん~どこかでかで飲んだことのあるような?無いような?」と言う感じで、さくらんぼとは判らない味でした。まあ、ありかな?のレベルです。まだ何となくカドが立っているような感じなので、1ヶ月後に様子を見てみます。

完成

さくらんぼを引きあげてから2ヶ月後
ようやくカドが取れて、おいしい果実酒になりました。飲んですぐに「さくらんぼ!!」というくらいハッキリした味ではありませんが、甘くなんとなく「さくらんぼかな?」と味になりました。とっても飲み易くおいしかったです。

Home > 果実酒 > さくらんぼ酒の作り方




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報