柚子の種以外の、表皮、白いワタ、内袋、果汁を使ったジャムです。電子レンジで簡単に作る事が出来ます。

材料

柚子 適量
砂糖  柚子の40%

【関連リンク】
柚子のレシピ
ジャムのレシピ



柚子ジャムの作り方

柚子の表皮を薄く剥きます。
上下のヘタをくり抜きます。
苦みの強い表皮はたっぷりの水で4~5回くらい茹でこぼしします。鍋にたっぷりの水と柚子の皮を入れ、中火で沸騰させます。沸騰したら1分くらい茹でたあと、お湯を捨て、新たな水に変えて同じ作業を繰り返します。茹でこし作業が終わったらザルに空け、水気を切っておkます。
横半分に切って種を取りだします。取り出した種を水に浸けておくと、とろりとした自然化粧水が出来ます。
種を足り出したら4等分にし、種が残っていないか確認しながら、中央にある内袋が集まっている白い部分をカットします。
耐熱容器に種を取り除いた柚子を入れ、ふんわりとサランラップを被せて、500Wの電子レンジで10~15分くらい加熱します。
加熱し終わったらジューサーに、茹でこぼして苦みを抑えた表皮と一緒に入れます。表皮は好きなだけ入れてください。多くれると苦みが増しますが風味は増します。そのままだと回らないと思いますので、ジューサーが回る最少の水を加え、ペースト状にします。
ペースト状になったユズを、裏漉しして残っている種や固い表皮を取り除きます。
裏漉ししたユズの重さを量り、砂糖の分量を決めます。
ペースト状のユズに砂糖を加え弱火で煮詰めていきます。
鍋底に筋が描けるようになればOKです。

完成

柚子ジャムの完成です。
表皮がメインの柚子マーマレードの作り方