Home > 魚介類 >

イカの塩辛の作り方

イカの塩辛

アサリを燻製にしてみました。

2杯のイカを使って、3種類の塩辛を作ってみました。イカの皮を剥いて、身の部分を塩と内臓(わた)で和えたものと、皮がついたままの下足(ゲソ)と耳を、塩と内臓(わた)で和えたもの、皮を剥いた身の部分を塩と内臓(わた)と墨で和えたものの3点です。
イカの塩辛

材料
イカ 適量
 イカの重さに対して5%

※塩の重さは干した後の身の重さと、わたの重さを足した物に対して5%です。

【関連リンク】
イカを使ったレシピ
魚介類のレシピ






イカの塩辛の作り方
イカには寄生虫のアニサキスがいる場合があります。アニサキスは塩や酢では死なないと言われています。アニサキスを死滅させるには、摂氏マイナス20度で24時間以上冷凍すれば、死滅するそうです。家にある冷蔵庫の温度を計ってみましたが、摂氏マイナス20度にはならなかったので、冷凍のイカを使いました。

※イカの塩辛を作る場合には、冷凍のイカを使うことを強くオススメします。
冷蔵庫で1日かけて解凍しました。


捌く
イカは耳を下にして置き、イカの胴体の中心部分に包丁を逆にして入れ開いていきます。
イカの腑を傷を付けない様に、やさしく耳の方から剥がしていきます。
胴体、下足、耳、腑、墨袋と切り分けます。


胴体の部分は皮を剥き、下足は乾きやすいように、竹串などに足を絡ませて干します。干し加減は指で触ってみてべとつかないくらいです。

※イカを干すと漬けた後、水分があまり出ないので、味も薄まらず腐敗もしにくくなります。
イカの腑はキッチンペーパの上におき、塩小さじ2(分量外)を振りって冷蔵庫で半日くらい水分を取ります。
表面に振った塩を水で流し、キッチンペーパーで綺麗に拭き取ります。

※イカの腑を開く時に、塩が入らないように洗い流しましたが、表面の塩を拭き取るだけでもいいです。
イカの腑の薄い皮をとり中の肝だけを取り出します。取り出した肝は包丁で良くたたきます。
後は身の部分と肝と塩を混ぜ合わせ1週間くらい寝かせます。塩辛は発酵食品なので、1日1回はかき混ぜるようにします。

※塩の分量は、干したイカの重さと肝の重さに対して5%の重さです。今回は胴体だけ、下足・耳、イカ墨入りの3タイプを作るので各容器に入れ塩と肝を和えたモノを3等分にして和えました。イカ墨を入れる場合、墨袋の皮をとり、墨だけを合えます。


完成
左上に写っているので、皮を剥いた胴体だけの物です。一般的な塩辛の味でした。その下にある黒いのが、イカ墨を加えた物です。とっても濃厚な味になっています。右側に写っているのが、下足と耳の部分です。胴体だけで作った物よりもイカの味がしっかりしてて、コリコリと食感も楽しみました。

Home > 魚介類 >




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報