Home > 魚介類 >

イワシのなめろうの作り方

イワシのなめろう

脂の乗ったイワシに、味噌と薬味を加えて粘りが出るまで、包丁で叩いて和えました。

イワシのなめろう

材料
イワシ  2匹
味噌  小さじ1
生姜 少量
万能ネギ 3本

【関連リンク】
イワシを使ったレシピ
魚介類のレシピ





イワシの捌き方

包丁を尾の方から頭に向けて動かし、ウロコを取ります。
胸ヒレの後ろ(尾の方)に包丁を入れ、頭を落とします。
頭を切り落とした所から肛門まで斜めに包丁を入れ、内臓を取り除きます。
内臓と中骨のところにある血合いを、水で綺麗に洗い流します。
大名おろし
中骨の上にの包丁を入れ、そのまま中骨に沿って身を切ります。

※大名おろしとは、中骨にたくさん身が残ってしまう贅沢な切り方なので、そう呼ばれているようです。
尾のところで身を切り離します。
2枚おろしの完成です。
中骨の下に包丁を入れ、中骨を切り取ります。

※中骨を下にしておき、同じ様に中骨の上に包丁を入れ、水平に動かして切ってもいいです。
大名おろし (3枚おろし)の完成です。
内臓が入っていた部分には腹骨があるので、包丁を寝かせてそぐ様にして薄く切り取ります。
残っている小骨を骨抜きで抜きます。
皮は手で簡単に剥ぐことが出来ます。
皮を剥いたイワシを適当な大きさに切ってから、包丁でよく叩きます。
イワシの形が無くなってきたら、味噌と生姜、万能ネギを加え、さらに粘りが出るまでよく叩き和えます。

※味噌を加えず、イワシの形が残るように叩くと「イワシのタタキ」になります。

完成

イワシのなめろうの完成です。

Home > 魚介類 >




新しく追加したレシピ
旬の食材
料理のあれこれ

換算表

情報