油カレイの刺身

油カレイは名前からも分かるように、脂分の多いカレイです。なので身がとっても柔らかいし、味も普通のカレイより濃厚です。身が崩れ易いので、煮物(ダシ)にして使うか、衣を付けて揚げたり、焼いたりするといいです。

油カレイの刺身


材料

油カレイ  1匹

【関連リンク】
カレイのレシピ



油カレイの捌き方 5枚おろし

包丁を尾の方から頭に向かって、擦るようにしてウロコを取ります。ボールに水を入れて、金タワシで擦ると楽にウロコが取れるようです。
背中側の頭の付け根から、内臓がある部分の最後のところまで、まっすぐ切り落とします。内臓がある部分は、上から触るとプヨプヨしているので、指で触って確認してください。
背ビレに沿って尾から頭まで切れ目を入れます。
中骨に沿って中央に切れ目を入れます。
尾を切り離します。
中骨にに沿って頭の方から、包丁の先で撫でるように、何度も包丁を動かして身をそぎ落とします。
背中の方の身の半分を切り落としました。
魚を上下逆にして、同じように中骨に沿って包丁を動かして身を剥いでいきます。
背中側の身を剥ぎ終わりました。
魚を上下逆にして、同じように捌けば5枚おろしの完成です。
サクを作ります。「柵・サク」は、刺身に切れる状態にしたブロックの事です。
エンガワの部分を切り離します。
エンガワを切り離して残った身の方の皮を剥ぎます。皮を少し剥がし指で押さえ、皮と身の間に包丁を入れ、角度を変えずに包丁上下に動かし皮を取ります。
まな板の角を利用すると剥がしやすいです。

完成

油カレイの刺身の完成です。