イカナゴの天ぷら

成長したイカナゴを天ぷらにしました。成長したイカナゴは地域によって「オオナゴ」、「メロウド」、「フルセ」、「カマスゴ」、「カナギ」などと色々な呼び名が変わるようです。

イカナゴの天ぷら


材料

成長したイカナゴ 適量
小麦粉  100g
ベーキングパウダー  5g
氷水  150cc

【関連リンク】
イカナゴのレシピ
魚介類のレシピ





イカナゴの天ぷらの作り方

流水でヌメリや汚れを落とします。
頭を切り落とし、内臓を押して包丁で引き出します。内臓を取り出したら、流水で綺麗に洗い流し、キッチンペーパーで余分な水分を拭き取ります。
ビニール袋に少量(分量外)の薄力粉とイカナゴを入れ、シャカシャカとふって薄力粉をまぶしつけます。
小麦粉とベーキングパウダー、氷水を合わせて天ぷらの衣を作ります。余分な薄力粉を落としてからイカナゴに衣を付けます。
天ぷら鍋の底につかないように菜箸を入れ、箸の先から細かな泡が出るようになったら、衣を付けた山葡萄の芽を入れ揚げます。

※箸の先から細かな泡が出る温度は、160~170℃くらいになります。このくらいの温度は揚げ物の揚げる温度の中では中温と言われる温度で、天ぷらに適している温度と言われています。

完成

イカナゴの天ぷらの完成です。