アントシアニンを豊富に含む紫芋パウダーを、生地に混ぜ込んで可愛らしいマーブルバターロールを焼きました。紫芋パウダーをココアパウダーに変え、チョコチップを巻き込めば、甘いマーブルパンに仕上がります。

マーブルバターロール


材料 約40g×5個

Baker'%
強力粉 80% 80g
薄力粉 20% 20g
ドライイースト 1.2% 1.2g
スキムミルク 3% 3g
砂糖 12% 12g
1.5% 1.5g
無塩バター 15% 15g
全卵 15% 15g
45%  45cc
紫芋パウダー 5g
レモン汁 数滴
5cc-レモン汁

【関連リンク】
バターロールのレシピ



工程

ホームベーカリー捏ね
7分→油脂→8分
1回目 発酵 2.5倍
30℃ 90分
2回目発酵 2.5倍
30℃ 30分
分割
38g×10個
ベンチタイム
25分
成形
雫型
最終発酵 スチーム
35℃ 50分
焼成
200℃ 10~12分

マーブルバターロールの作り方

紫芋パウダーに含まれているアントシアニンは、レモン汁などの酸性と混ぜれば赤紫色に変化し、卵白などのアルカリ性と混ぜれば、青色や緑色に変色する性質があるので、パウターに数滴のレモン汁と水を合わせ、赤紫色に発色させておきます。
生地材料をホームベーカリーのパンケースに入れ、バターロールの生地を作ります。生地が出来たら2つに切り分け、半分を紫芋パウダーと一緒にパンケースに戻し、パウダーがしっかり混ざるまで生地を捏ねます。パウダーが混ざったら残りの生地を加え、数十秒捏ね合わせます。
生地を捏ね終わったら、バターロールと同じ発酵、分割、ベンチタイムの工程で進みます。
生地を休ませるベンチタイムが終わった後、成形に移ります。成形もバターロール特有の涙型にします。
ガス抜きをしながら生地を伸ばし、クルクルと巻きバターロールの形にします。形が出来たら35℃で50分くらいスチーム発酵させます。
最終発酵が終わったら残っている溶き卵を塗り、200℃で余熱したオーブンで10~12分焼き色を見ながら焼きます。

完成

マーブルバターロールの完成です。
バターロールの作り方