Home > 野菜 >

山椒の塩漬けの作り方

山椒の塩漬け

小さくてもピリリと辛い山椒を、色よく茹でて塩漬けにしました。塩漬けした山椒は、表面の塩を洗い流して魚や肉と一緒に甘辛く煮る「有馬煮」や、刻んでおにぎりやお茶漬けなどに使います。

山椒の塩漬け


材料

山椒の実  適量
茹で用 塩 10g
1リットル
下漬け用 塩
     山椒の重さに対して30%
本漬け用 塩
     山椒の重さの半分

【関連リンク】
山椒を使ったレシピ





山椒の塩漬けの作り方

山椒の実を房から外します。
水に入れてごみ等を洗い流します。
塩を加えたお湯が沸騰したら山椒を入れて、10分くらい茹でます。
茹でた山椒はすぐに冷水に浸け、アク抜きをします。
山椒はそれぞれアクの強さが違います。また、辛さの好みも個々に違いますので、アク抜きする時間は決まっていません。あくまでも目安として10分~味見をしてください。渋いようなら、水を代えて晒す時間を長くしてください。
※ちなみに我が家は30分、水に晒しました。
アク抜きが終わったら、キッチンペーパーで水分を拭き取ります。
水分を拭き取った山椒の重さを量り、塩の分量を決めます。
塩を全体にまぶし、冷蔵庫で一晩おきます。
翌日、水分が出てきます。出てきた水分を捨て、最初に量った山椒の重さの半分の塩をまぶします。しばらく使う予定が無い場合は、密封出来る袋に入れて空気を抜いて冷凍保存しておきます。

完成

山椒の塩漬けの完成です。

Home > 野菜 > 山椒の塩漬けの作り方


Return to page top